米倉涼子さんが主演の人気ドラマドクターXの主役である大門未知子が重要な場面で必ず言う「私、失敗しないので。」の決まり名セリフにはモデルがいたんですよ。

ドクターXの脚本家で「私、失敗しないので。」の名セリフを誕生させたのは中園ミホさんです。

中園さんは「取材力の中園ミホ」と言われており、マーケティングリサーチを徹底して行う脚本家として業界では知られているそうです。

ご本人の話によると、脚本を書く時は、その舞台となる現場の人の生の声を徹底的に聞きだし、次に頭の中で演じる役者さんをイメージして掛け合わせるそうです。

すると、中園さんの頭中にはそれぞれの登場人物たちが勝手にしゃべってくれたり動いてくれるそうです。そうやってキャラクターが誕生するそうです。

ところがドクターXの場合は、そのキャラクターを生み出すのに大変苦労をしたそうです。理由は、大門未知子のような一匹オオカミのフリーランスの医師は日本にはあまり居ないからなのです。

そのためキャラクターが出来ないので行き詰まり、中園さんは無口な外科医を設定しようかとあきらめかけていたそうです。

とろころが、そんなある日、夜中にたたまたまテレビをつけたらロンドンオリンピックの柔道女子の決勝戦の中継していて、日本代表として戦っていた松本薫選手の闘志むき出しに戦う姿勢が、中園さんにものすごく鮮烈な印象を与えたそうです。

そして、金メダルを獲得した後のインタビューで松本選手が「私、ミスをしないんで。」と言った言葉に衝撃を受け、その瞬間「私、失敗しないので。」の大門未知子の名セリフが誕生し、試合では誰にも負けないと言う強う意志を持ち、試合が終われば女性らしい笑顔を見せる松本選手から大門未知子のキャラクターが誕生したそうです。

ちなみに、中園ミホさんが脚本を手がけた人気ドラマは本当にたくさんあります。
ニュータウン仮分署(1988年、テレビ朝日)
君のためにできること(1992年、フジテレビ)
白鳥麗子でございます!(1993年、フジテレビ)
For You(1995年、フジテレビ)
Age,35 恋しくて(1996年、フジテレビ)
Dear ウーマン(1996年、TBS)
不機嫌な果実(1997年、TBS)
ラブとエロス(1998年、TBS)
恋の奇跡(1999年、テレビ朝日)
恋愛中毒(2000年、テレビ朝日)
20歳の結婚(2000年、TBS)
やまとなでしこ(2000年、フジテレビ)
氷点2001(2001年、テレビ朝日)
スタアの恋(2001年、フジテレビ)
ぼくが地球を救う(2002年、TBS)
ハコイリムスメ!(2003年、関西テレビ)
南くんの恋人(2004年、テレビ朝日) 
anego[アネゴ](2005年、日本テレビ)
プリマダム(2006年、日本テレビ)
ハケンの品格(2007年、日本テレビ)
OLにっぽん(2008年、日本テレビ)
コールセンターの恋人(2009年、テレビ朝日)
ナサケの女 ?国税局査察官?(2010年、テレビ朝日)
下流の宴(2011年、NHK)
専業主婦探偵?私はシャドウ(2011年、TBS)
はつ恋(2012年、NHK)
Doctor-X 外科医・大門未知子 第1シリーズ(2012年、テレビ朝日)
Doctor-X 外科医・大門未知子 第2シリーズ(2013年、テレビ朝日)
花子とアン(2014年、NHK連続テレビ小説)
Doctor-X 外科医・大門未知子 第3シリーズ(2014年、テレビ朝日)
Dr.倫太郎(2015年、日本テレビ)
トットてれび(2016年、NHK)
Doctor-X 外科医・大門未知子 第4シリーズ(2016年、テレビ朝日)
西郷どん(2018年、NHK大河ドラマ)[11][12]

※ウィキペディアより引用

最近、テレビや雑誌、新聞、ネットなどでも目につくようになったアクティブシニア。
「アクティブシニア向けのマンション」
「アクティブシニア向けの旅行」
などの広告を良く見かけるようになりました。このアクティブシニアと言う言葉、一体どのような意味で使われているのでしょうか。

アクティブシニアとは、主に団塊の世代の65歳から75歳までの人のことで、定年した後も、趣味や仕事などさまざまな活動を意欲的に行っている、元気なシニア層の方々のことを指して使っているそうです。

団塊世代の人は、流行に敏感で、自分なりのライフスタイルにもこだわりをもっている人が多いそうです。

その為、定年を迎え会社を退職しても、第二の人生を自分なりの価値観をもって生活しようとしているそうです。たとえば、、旅行、山登り、音楽、ファッションなど、生活スタイルのこだわり方は多彩なんだそうです。

そこで、旅行業をはじめ、さまざまな企業が、商品を販売するにあたり、「高齢者向け」とか「シニア向け」と言う従来使われていた言葉を使うよりも、活発なイメージがあるアクティブシニアという言葉を使った方が商品が売れやすくなるのだとか。。。

近年は、そのアクティブシニアを対象にした旅行プランや住宅設計などが増えているそうです。

そして、それに伴ってもう一つの造語が誕生したそうです。それが「バリアアリー」。
これまでは、高齢者の生活には、生活に支障となる段差をなくすバリアフリーを求める人が多かったのですよね。

しかし、活動的なアクティブシニアが求めているのは、意図的に段差や階段などの障害が設けるバリアアリーなんだそうです。
日常であえて障害を設ける事で注意力を高め体力をアップすることを求めているそうです。生涯現役!これを目標にしているんですね。素晴らしい事ですよね。

私はですが、最近よく聞くことが多くなった”熟成肉”。皆さんは、昔から知っていましたか?

熟成肉は美味しい!と食べた人はみんな言いますよね?

私は、食べたことがないので、普通のお肉と熟成肉の違いがわかりませんでした。そしたら、先日、テレビでその違いについて放送していました。

熟成肉は、一定期間寝かせて熟成させたお肉のこと。普通のお肉と比べて柔らかくてうま味が濃縮されているので美味しんだそうです。

番組では、実際に食肉に関して調査や研究している専門家に測定してもらうと、肉の硬さは、熟成肉の方が柔らかく、さらにうまみ成分であるアミノ酸の量も熟成肉の方が4倍以上も多かったのです。

お肉を熟成する方法

熟成肉は、故意に肉の周りに熟成に必要な「エダケカビ」をつけているんですよ。エダケカビとは、自然界のどこにでも存在している人体に悪影響を及ぼさないカビの種類。室温1~3℃、湿度75~85%に保つように管理することで育つカビなんだそうです。

普通のお肉を何もしないで1℃~3℃で保存すると、有害なカビや微生物が付着して1週間ほどで腐ってしまいます。ですが、エダケカビを肉の周りに生やすことで、余計な雑菌が中に入らないようにコーティングすることができるので、40日間以上も長持ちすることができるんだそうです。

さらに、お肉を柔らかくする酵素も長時間働くことができるのでお肉が柔らかくなるのだそうです。また、お肉のたんぱく質が酵素によって分解され、うま味成分であるアミノ酸が沢山つくられるので美味しくなるのだそうです。

出荷されるときは、カビの部分を職人が取り除き出荷されて私たちの手元に届けられているので、カビが生えたお肉を見た人はいないかもしれませんが、どれだけ美味しいのか一度は食べてみたい熟成肉!

断食道場って聞いたことあると思いますが、断食はなんのために行うのでしょうか?

断食というとラマダンなど宗教を思い出す人も多いのではないでしょうか?

事実、日本でも宗呂の修行に行われていたこともあるようですが、現代では違います。

主に健康のために行います。ダイエットから生活習慣病の改善まで幅広く行われています。

中でも有名なのが、藤城博さんの断食キャンプ!

藤城さんは、日本でも有名な食事療法の権威者の一人です。

なぜ彼が断食を推奨しているかと言うと「身体のリセット」を目的としているから。

え?なんで断食が体のリセットになるのでしょうか?

人間は、生まれた時から、1日3食の食事を摂る習慣があります。つまり胃も腸も

1年中休まずに働き続けています。歳をとれば胃腸が疲れてくるのは当然ですよね?

胃は食べ物を消化して、腸は栄養を吸収していますから、その消化吸収が衰えます。

少なくとも2日間もしくは3日間の断食を行うと胃腸が休まり、本来の機能を回復します。

さらに体内に溜まっていた老廃物などデトックス効果で排出されます。

これが藤城さんの言う体のリセットです。

リセットされた体は、真っ白な画用紙みたいなもの。

ここに、どんな絵を描くか?これが食事のことです。

このタイミングで健康的な食事をすると真っ白なキャンパスが、健康的な色に染まってゆきます。

ところが元の悪い食生活に戻れば、真っ白なキャンパスが、生活習慣の色に染まるという考え方です。

これを藤城博さんは、断食療法と呼んでいます。、

もちろん食事療法との組み合わせが最低条件ですが、その効果は抜群と言われています。

興味のある方は、試してみませんか?

今年話題になった言葉を選ぶ「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の

大賞候補としてノミネートされた30語が発表されましたね。

今日本だけでなく世界中で話題になっているピコ太郎のPPAPをはじめ、

ポケモンGO、SMAP解散、ゲス不倫、神ってる、タカマツペア、

都民ファースト、文春砲、君の名は。、斉藤さんだぞ、パナマ文書など、

今年は様々なジャンルからバランスよく30語が選ばれたような気がします。

ノミネートされるだけならどんな言葉が選ばれても問題ないけど、

いざ大賞を選ぶとなると、どれでも良いとというわけにはいかなそう。

だって、基本的には、大賞に選ばれたら受け取りに来ないといけません。

主催者側のユーキャンも多くのマスコミが集まってくるわけだから、

受け取りに来ないであろう言葉を選ぶというわけにはいかないでしょう。

そういう理由もあり、審査する人も授賞式に受け取りに来てくれる

可能性が高い言葉を選ぶ傾向にあるのではないでしょうか。

そのように考えると、ゲス不倫はいくら話題になったからと言って、

大賞に選ばれることはまずありえないと思います。

ベッキーさんも川谷絵音さんも選ばれても絶対に来ませんからね。

だから、センテンススプリングなどもないでしょう。

でも、文春砲は週刊文春さんが受け取りに来るかもしれませんね。

ならば、逆にどの言葉なら受け取りに来るんだろうか。

PPAPはピコ太郎、ポケモンGOは任天堂社員、神ってるは鈴木誠也選手、

タカマツペアは高橋・松友の両選手、都民ファーストは小池知事、

この辺りは、大賞に選ばれたら来てくれそうですね。

私の予想ですが、おそらく今挙げた5つの中から

年間大賞が選ばれるんじゃないかと思っています。

今年のトップテンと年間大賞の発表は12月1日に発表されるようなので、

今からどの言葉が大賞に選ばれるか本当に楽しみですね。

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」は評判が良く本当に面白いよね。

最近は、視聴率が伸びずに低迷している大河ドラマだけど、

久しぶりに早く次回が待ち遠しいと思える内容に仕上がっていると思います。

今日も早く次の日曜日が来ないかとワクワクしながら待っていたところ、

なんと、2019年の大河ドラマの情報が飛び込んできたんです。

来年2017年は柴咲コウさん主演の「おんな城主 直虎」、

再来年2018年は鈴木亮平主演の「西郷(せご)どん」はすでに決定済み。

そして、2019年は一体どんな時代背景になるんだろう?

基本的に、大河ドラマは戦国時代や幕末といった日本史に登場する

歴史上の人物を題材にして作成されています。

ただ、どうやら2019年の大河ドラマは違うようですね。

しかも、脚本を担当するのが、あの宮藤官九郎さんなんだって。

“クドカン”の愛称で人気の宮藤官九郎さんと言えば、

NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を担当したことで有名ですね。

これまで様々な人気ドラマの脚本を手掛けてきた宮藤官九郎さんですが、

彼が2019年に担当する大河ドラマの題材は「オリンピック」とのこと。

えぇ~ なんか取り扱う題材が大河ドラマっぽくないなぁ・・・

個人的には、やっぱり戦国時代や幕末といった時代背景が好きだから、

近現代史を扱う2019年の大河ドラマはなんとなく不安ですね。

というか、わざわざ大河ドラマの枠を使う必要があるんだろうか。

翌年がオリンピックだからそれに合わせたんだろうけど、

正直、大河ドラマに近現代史を扱うのは違和感を覚えます。

時代は日本が初参加した1912年のストックホルムオリンピックから、

1964年の東京オリンピックを開催させるまでの約50年間。

東京オリンピックの開催を実現させるために奔走する

スポーツマンの姿を描いた物語になるんだとか。

今のところ、まだ主人公はどんな人物になるのか決まっていません。

当然、主人公をどの役者さんが演じるのかもまだわかりません。

大河ドラマ好きの私にとっては、今から楽しみであり不安でもありますが、

どんな大河ドラマになるか、宮藤官九郎さんの腕に期待しています。

宇多田ヒカルが、ファーストシングル「Automatic」でデビューしてから、

長いものでもう18年も経っちゃったんだね。

It's automatic ~♪ って歌声を当時はよく耳にしました。

たしか「Automatic」のプロモーションビデオで、

天井が低そうな部屋で低い体勢で歌っていたのが話題になりましたね。

デビューしてしばらくは、あまり表舞台に出てこなかったけど、

最近は、ちょくちょく音楽番組に出るようになってきました。

そんな宇多田ヒカルですが、どうやら今年の紅白歌合戦に出場する方向で

今現在、NHKと交渉を進めているようです。

もし、出場することが決定したら初出場になりますね。

今までもずっとNHKがオファーを出してはいたけど、

仕事の都合を理由にいつも断っていたみたいです。

でも、なぜ今年の出場する可能性が高まったんだろう。

宇多田ヒカルって、たしか“人間活動に専念する”とか言って、

5年間音楽活動を休止していましたよね。

そして、今年5年ぶりに音楽活動を再開したわけなんだけど、

復帰して最初のお仕事がNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の

主題歌「花束を君に」の楽曲提供だったんです。

今思えば、復帰後最初のテレビ出演も今年9月に放送された

NHKの「SONGS スペシャル」という音楽番組でしたね。

おそらく、これらのNHKとの縁が伏線となって、

前向きに出場を考えることなったんでしょうね。

ただ、宇多田ヒカル側は、VTRでの出演を希望しているとのこと。

そう言えば、復帰後に宇多田ヒカルが出演した他局の音楽番組は、

覚えている限りでは、全て事前に収録した録画放送だったと思います。

過去にも、レディー・ガガなど録画出演をした歌手はいるので、

NHKがVTRでの出演を容認することはそれほど難しいことではありません。

果たして、宇多田ヒカルが紅白歌合戦初出場となるんでしょうか。

これは新番組古館一郎の『フルタチさん』で紹介していたのですが、5万4000円の結婚式の祝儀袋があるのを皆さん知っていますが?

名前は『鳳凰』

この高いお値段の理由は、最高級品の和紙を使用していること、そして、飾りの鳳凰には、水引の最高級品と言われる京水引が使用されています。

鳳凰は、紙縒りを普通の水引の上にさらに細い糸を巻き、全て手作業で作られる伝統の京水引が用いられ、素材・色も他には無い色を使い、技術的にも他でまねできない編み方を考案し完成した最高級の祝儀袋です。

最高級の和紙で作られた袋が2500円くらい、京水引を使った飾りの部分が5万1500円となるそうです。ネットで購入する事ができるそうですが、売れるのは年間で1つか2つだそうです。

実際に購入した人は、娘さんの結婚式の時に購入し、何か形に残るようなものを伝えらいと言う気持ちで購入したそうです。ちなみに鳳凰の祝儀袋の中には100万円包んだそうです。

鳳凰を受け取った娘さんは、見たことのない祝儀袋でやさしい色だと感じたそうです。すごく嬉しかったそうです。

その後、鳳凰の袋は捨ててしまいましたが、飾りの部分は今も大切に保存していました。

最後にスタッフが意地悪な質問を「鳳凰に100万円入っているのと、普通の祝儀袋に105万4000円もらうのではどっちが良かった?」と聞いたところ、

娘さん夫婦は「鳳凰に100万円入っているほうが嬉しかった。おそらく5万4000円がプラスアルファでついていたとしたら、おそらく今残っていないと思う、でも今形として残っているので、いつまでたってもその時のお祝いの気持ちが思い出すことができるので、ご祝儀袋に5万4000円と言う価値をだしてもらったもが非常に良かった。」と思っていると話していました。

結婚式で一番感動を呼ぶシーンと言えば、新婦が両親あてに書いた感謝の手紙です。現在、そのシーンがさらに進化していて、両親が号泣する最新演出があるのをごぞんじですか?

それが「メモリプレイ」です。私は何十年も結婚式に出席したことがないので全く知りませんでした。

メモリプレイとは、プロの役者が、新郎・新婦の子供から大人に成長するまでを演じて、両親をその当時にタイムスリップさせるサプライズ演出。とにかく両親が感動して号泣してしまうということで人気なんだそうです。

メモリプレイを行う時は、結婚式の3ヶ月前に新郎・新婦と打合せをします。そこでは、母親が作ってくれた料理や反抗期があった時の出来事や思い出に残っているエピソードをより詳しく聞き出します。

それを元にオリジナルの台本を作成します。懐かしい思い出や、昔は両親にいえなかった感謝の思いなどが盛り込まれます。

その台本を、新郎新婦にチェックしてもらい、話し方や、それぞれの地方の方言などを修正します。

そして、新郎新婦に似た役者を選びます。そのとき選ぶのは、幼少期、学生時代、社会人とそれぞれ選びます。

そのメモリプレイを行った新婦の感想は「自分の書いた手紙だけでは伝えられない思いが両親に伝える事が出たので感謝でいっぱい」

そして、思いを伝えた両親は「ああいう形で出てくるとは全く想像しなかったので感動します。一番小さい頃が胸にきますね。」

ちなみにお値段は、300,000万円前後。出演者の人数、演出によって値段はかわるそうです。

その他にも、結婚式を盛り上げる最新演出があります。

●壁一面に新郎新婦の映像を投映するプロジェクションマッピング。お値段は19万8000円(税抜)

●スマートホンやタブレットを使って結婚式に参加できない人もネット経由で参加する事ができるスマートウエディング。お値段は5万円~

など、お値段が高いのか?それとも安いのか?人によってさまざま違うとおもいますが、一生に一度の事です。最高の思い出を作るためには考えても見てもいいのかも。

今年もあの男が司会を務める音楽番組の放送が決定しました!

そうです!日本テレビ系列で毎年恒例となっている音楽の祭典

「ベストアーティスト2016」が11月29日に放送されるんです!

夜の7時から4時間生放送だから気合を入れて見ないといけませんね。

もちろん総合司会は今年も嵐の櫻井翔くんです!

まあ、年末になると似たような音楽番組は他にもあるんだけど、

私は「ベストアーティスト2016」は毎年欠かさずに見ています。

さて、今年の出演アーティストの発表ですが、

毎週土曜日に放送されている「嵐にしやがれ」で発表されました。

と言っても、第1弾としてジャニーズ10組が発表されただけです。

残りの出演アーティストに関しては、来週11月19日に放送される

「嵐にしやがれ」で第2弾として発表されるみたいですね。

何を引っ張ってんだ!と突っ込みたくなりそうですが、

そこはグッと我慢をして来週の「嵐にしやがれ」の放送を待ちましょう。

まず第1弾として発表された出演アーティストは、

嵐、TOKIO、V6、KinKi Kids、NEWS、関ジャニ∞、

Hey!Say!JUMP、Kis-My-Ft2、Sexy Zone、

ジャニーズWESTのジャニーズ10組です。

ジャニーズファンにはたまらないラインナップになっていますね。

あれ?去年出演していたKAT-TUNやタッキー&翼は出ないんだね。

私としては、早く残りの出演アーティストが知りたいところです。

と言うのも、ここ2年間の出演者のラインナップを振り返ってみたら、

なんだかほとんど同じ顔ぶれなんですよね。

もっと歌唱力の高い実力があるアーティストはいます。

このまま同じようなアーティストばかり出演させるようなら、

見たいと思う人が少なくなってしまう恐れもあるでしょう。

今年こそは少しは違う顔ぶれになるのを期待したいです。