最近、良くテレビを見ていると見かける事が多くなった管理栄養士の伊達友美さん。現在48歳でとってもスリムな体型をされていますが、実は、以前は身長154cm、体重65キロと太っていたんだそうですよ。

なんでも、20年間ダイエットを実践したにもかかわらず、痩せることが出来なかったのだとか、、、ところが、そんな時、あるダイエットをしたら-23キロの減量に成功!そのダイエットのコツはお腹がすいたら我慢しないで食べるのだそうですが、ほんとかいな!?

ただし!小麦粉を使ったも、パン、ラーメン、そうめん、うどん、お好み焼きなどは一切食べない『グルテンフリーダイエット』ですなんです。その方法を紹介します。

グルテンフリーダイエットとは

グルテンは小麦粉に含まれるたんぱく質のことです。お米とかも同じ炭水化物ですが、なかでも特に小麦粉のグルテンは血糖値を上げやすく脂肪を溜めやすい特徴をもっています。

さらに、小麦粉は脳を刺激して食欲のコントロールが出来なくなり、食べても食べて食欲が増して食べ過ぎてしまうそうです。

伊達さんいわく、食欲を刺激するグルテンを食べ過ぎるから次々に食べ過ぎてしまうので、それを避けた食事をすれば痩せられることにたどり着いたんだそうです。

伊達友美さんが行ったグルテンフリーダイエットの方法

例えば、焼きそばを食べたいときは小麦粉を使った蕎麦を選ばないで米粉を使った焼きビーフンに変えたり、お肉を食べるならつなぎに小麦粉を使ったパン粉が入ったハンバーグは避けて、焼肉にするなど小麦粉を使用したものは極力避けるというもの。

今は商品のパッケージに原材料が書いてあるので何が使われているのか一目で分かります。買い物するときチェックしながら購入すると良いですね。

この、グルテンフリーダイエットは痩せられるだけではなく、小麦粉は食べませんが、ほかの肉や魚、野菜、卵などの素材の制限がありません。しっかり食べれるので栄養バランスが良いのがメリットだと伊達さんはいいます。

実は、ビタミンやミネラルなどはダイエットにはとても必要な大切な栄養素なんです。

このグルテンフリーダイエットは有名なスポーツ選手も実践していますよ。テニス界世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手が実践していて本まで出版していて10万部以上も売れたんだそうです。

糖質制限ダイエットだとご飯も制限しなくてはならないので、ご飯が好きな方には辛いダイエット方法ですが、グルテンフリーダイエットは小麦粉を制限するだけなので実践できそうではありませんか。あなたも今日からグルテンフリーダイエットを実践してみてはいかがでしょうか?

最近、わたしが飲み始めたのがシリカです。近年、雑誌などで紹介されることが多くなったシリカ水とかシリカウォーターと呼ばれているもの。

それらはケイ素を含む天然水をペットボトルに詰めたミネラルウォーターなんですが、私が飲んでいるシリカは、水溶性珪素濃縮液といって水晶から取り出したエキスです。

シリカとは珪素のことなんですが、ケイ素って元々鉱石です。珪素が純度99.9%で結晶すると水晶になるんですね。

このシリカには凄い力が秘められいます。古代中国では難病を治療する奇跡の水とも言われていたそうです。

では、シリカには、どんな力が秘められているのでしょうか?

代表的な効果は、活性酸素の除去です。

体内でできた活性酸素は、外部から侵入してきた敵をやっつけてくれるのですが、同時に自分自身を攻撃してしまうため細胞を破壊する悪者になってしまうのです。

つまりシリカには、余分な活性酸素を除去してしまう秘密の力があるのです。

わたしが飲んでいる珪素のちからは、水晶石を2000度の高温で加熱し、気化した珪素を水溶性にして取り出したものです。

このシリカには、活性酸素を除去するだけじゃなく様々な効果があるようです。

気になる方は調べて見てくださいね。

ようやく2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットが決まりましたね。

マスコットの候補としては3つの案が挙げられていましたが、どうやら、キャラクターデザイナーの谷口亮さんが考案した日本伝統の市松模様が施された近未来ロボット型のア案に決まったようです。

今回の東京五輪マスコットを選ぶための投票は、全て小学生によって行われたと言われています。

まあ過去に東京五輪のエンブレムの盗作問題などもあったし、選考経過に関しても透明性があって良かったんじゃないかと思います。

個人的も、未来感が現れているア案が選ばれれば良いなと思っていたので、東京五輪マスコットにア案が選ばれて嬉しいですね。

イ案やウ案もカワイらしかったし、ダメだというわけではありませんが、既存の有名なキャラクターに似ているという噂が流れましたからね。

そういう意味でも、ア案に決まって一安心といったところでしょうか。

今回採用されたア案の2つの近未来ロボット型キャラクターのテーマは、伝統と近未来が一つになった温故知新的キャラクターと、桜の触覚と超脳力を持つクールなキャラクターだそうです。

そして、この東京五輪マスコットを考案されたのが、キャラクターデザイナーである谷口亮さんという方です。

どのような方なんだろうととても気になっていたんですが、いざ本人が登場するとちょっと驚いちゃいました。

だって、見た目が丸坊主と髭面に菊の花がら模様のどてらを着たかなりキャラが立っている方だったんですから。

正直言って、見た目で判断するのは失礼なんですが、今回のカワイらしい東京五輪マスコットを考案したとは、谷口亮さんの見た目からは思えませんでした。

ただ、とても優しそうな笑顔をしているのが印象的でした。インタビューでも、収入が不安定な仕事で苦労をかけている奥さんに、賞金で何か美味しいものを食べさせてあげたいと語っていました。

このような愛妻家で心優しい方だからこそ、小学生の子供たちの心に響くようなカワイらしくてステキな東京五輪マスコットを考案することができたんでしょうね。

名前に関しては、7、8月頃には公表されるみたいなので、今からどのような名前になるか楽しみに待ちましょう。

ここ数年でトマトが注目されるようになりました。

トマトは色や大きさなど様々な種類がありますが、その栄養素には大きな違いはありません。

もうすでに多くの人が知っているリコピンやビタミンA・B6・C・E、そしてカリウム、ルチンなどの含有量が多い抗酸化力の高い野菜です。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがありますが、血圧の上昇を抑えるカリウムとルチン、抗酸化力のあるリコピンが多く含まれているのがその理由と言えるでしょう。

特に、抗酸化力の高いリコピンの含有量は、色の濃い赤いタイプのトマトのほうが多いそうですから、彩りが目的ではなくトカラダの為にも赤いトマトがおすすめですね。

■リコピンを摂るならトマトジュースがおすすめ!

トマトに食塩を加えてつくったもの、無塩のもの、他の野菜や果物を加えたものなどでたくさんのジュースが作られています。

また、最近ではスーパーの売り場でもトマトは生食用、加工用などと表示して何種類ものトマトが並んでいますね。

ジュース用とものは収量、栽培難易、耐病性等の栽培特性および果実の化学成分から判断してトマトジュース加工適性品種用とされています。

ですから、自分で買ってきたトマトでジュースを作っても栄養素に違いはなくさらに美味しいものが飲める可能性があります。

高血圧の予防のみならず、治療目的のトマトジュースの飲用もあるので食べて美味しいトマトでジュースを作って健康と、抗酸化作用による美を手に入れるものいいと思います。

しかも低エネルギーであることから、たくさん摂取しても安心です。

カリウムによるナトリウム排出効果とそれによるデトックスで肥満解消にもなり、高脂血症の予防にもなります。

2012年2月10日には京都大学チームによる研究で中性脂肪を下げ、血糖値を改善する効果が実証されたとTVで紹介されますますトマトやトマトジュースに注目が集まってきています。

■トマト酢の効果も見逃せません!

トマト酢はトマトを用いて作ったお酢です。トマト酢の酢酸が血流をよくするので高血圧を予防するだけでなく、血圧を下げる働きがあることもわかってきています。

そして主成分の酢酸の効果はもちろんですが、トマトに含まれるリコピンがもつ抗酸化作用とβ-カロテンやビタミンCのはたらきで血管の状態がよくなり、

柔軟性を持つようになります。結果として血管が拡張されるので血圧が低下し、血の循環が改善されます。それによって安眠効果も得られます。

グルタミン酸、カリウム等のミネラル、GABAも多く含まれています。グルタミン酸は脳の機能を回復させ坑ストレス作用と尿の排泄を促す働きがあります。

またカリウムとともに塩分やアンモニアなどを体外に排出するデトックス効果や塩分の排出による血圧降下作用があり高血圧の予防や治療に効果的です。

GABAはアスパラギン酸などのアミノ酸の含有量が多いのが特徴で、この成分によってストレスが緩和され、リラックス効果が高まりこちらの面からも睡眠の際には深い睡眠が可能になるといわれています。

睡眠不足から高血圧も引き起こされるので、十分な睡眠が得られるようになると血圧の安定も望めます。

最近ではダイエット効果などもいわれていて、女性を中心に人気が高まっています。

ダイエット目的で効率的に用いるには、食事の前に飲むことが特に良いですね。

自宅でも気軽に作れるのでMYトマト酢をお持ちの方も少なくありません。

作り方は非常に簡単ですので、香辛料などを違えながら

オリジナルのトマト酢を楽しまれるのもいいですね。

ようやくメジャーリーガーとしての一歩を踏み出した大谷翔平。

エンゼルスと言えば、あの松井秀喜や長谷川滋利らが在籍したチームで

比較的日本の野球ファンにも馴染みがあるかもしれませんね。

さて、今回ポスティングシステムでの移籍となったわけだけど、

エンゼルスに移籍する大谷翔平の契約金は231万5000ドル、

日本円で約2億6200万円に決定しました。

巷ではこの大谷翔平の契約金が安いと噂になっています。

確かに彼のこれまでの活躍や実力、伸びしろなどを考えれば、

もっと高い契約金でも良いような気もします。

ダルビッシュ有の60億円、田中将大の161億という

とんでもない契約金と比較したらかなり格安です。

何か過去の日本人選手の契約金が莫大な金額すぎて、

感覚が麻痺していた感じもあったとは思いますが、

それでも、やっぱり大谷翔平の契約金約2億6200万円は安い!

一方で、大谷翔平の契約金が妥当という意見もあります。

大谷翔平は、まだ彼らほどの実績は残していませんからね。

ただ、おそらく怪我もなく普通に力を発揮することができれば、

間違いなく1年目から10勝は堅いと思いますし、

打者としてもそこそこ活躍するでしょう。

でも、なぜこんなに契約金が安いんでしょうか。

実は、昨年メジャリーグでは、海外選手獲得の際の契約金制限の

適用年齢が23歳未満から25歳未満に変わったことが影響しています。

この変更でエンゼルスが支払いできる契約金の上限額が、

今回の約2億6200万円だったというわけです。

まずはマイナー契約から始まり、その後メジャーに昇格しますが、

年俸に関しても、最低保証年俸額の54万5000ドルとなるため、

日本円でわずか約6160万円からのスタートになるようです。

たぶん、大谷翔平は、お金よりも自分が試合に出れる環境が揃った

チームを第一に考えて選択したんだと思われます。

それほど、メジャーリーグへの憧れが強かったということでしょう。

それにしても、エンゼルスは本当に良い買い物をしましたね。

だって、大谷翔平の場合は、二刀流という話題性もありますし、

集客数やグッズ売り上げのアップなども見込めるからです。

そのようなメリットも考えれば、今回のエンゼルスの大谷翔平獲得は、

かなりのお買い得だったと言えるんじゃないでしょうか。

皆さんは、大みそかの夜は紅白歌合戦を見ていますか?

私は、何と言われようが毎年見るのを楽しみにしています。紅白歌合戦を見て一年間が終わり、ゆく年くる年を見て寝る。

今日、今年の紅白歌合戦の司会者が決まりました!

今年も、早いもので残すところ1か月半です。アッと言う間に過ぎてしまいました。

総合司会は、ウッチャンナンチャンの内村光良さん。もちろん紅白の司会は初めてです。以前に音楽ユニット・ポケットビスケッツのメンバーとして第49回の紅白歌合戦に出場した事があります。

何故、ウッチャンが選ばれたのだろうか?理由は分かりませんが、盛り上げてほしいですね。

そして白組の司会は嵐の二宮和也君、紅組の司会は二年連続で有村架純ちゃんです。

紅白歌合戦のテーマは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、昨年~2019年の『第70回』までの4年間は「夢を歌おう」をテーマに掲げて歌の力で応援するそうです。

まだ、どんな歌手の方が出場されるのか決定していませんが、どんな歌を聞けるのか今から楽しみです。

史上最強の守護神が、ついに前人未到の領域に足を踏み入れました。

現在、パ・リーグを独走するソフトバンクの守護神デニス・サファテが、

9月10日のロッテ戦で、50セーブに到達して日本記録を更新しました。

つい先日、中日の岩瀬仁紀と阪神の藤川球児に並ぶ

日本タイ記録の47セーブに到達したばかりなのに、

あっという間に、サファテは50セーブ目をマークしちゃったんです。

よくよく考えてみたら、今年のサファテの登板ペースは異常で、

まだまだセーブを積み重ねるだけの試合数が残っています。

今シーズンのようなハイペースで登板しても全く疲れ知らずで、

当分抜かれないような大記録を今年は作りそうな気がします。

50セーブを達成したロッテ戦でも相手を圧倒する投球で、

9回を3者連続三振とビシっと抑えていましたからね。

そんなサファテの50セーブという日本記録ですが、

メジャーリーグのセーブ記録はもっとスゴイんです。

現在のメジャーリーグのセーブ記録は、

フランシスコ・ロドリゲスが持つ62セーブ。

何とサファテの50セーブよりまだ12も多いんです。

メジャーリーグの試合数は162試合と

日本の143試合よりも19試合も多いこともありますが、

それでも、62セーブってもう異次元の世界ですよね。

いつかは、日本のプロ野球選手の誰かが、

メジャーリーグのセーブ記録も抜く日が来るんでしょうか。

それはそうと、サファテが、日本で最初に在籍した球団が

ソフトバンクではなかったってご存知でしょうか?

実は、このサファテ、元々は広島カープがスカウトした助っ人なんです。

改めて広島カープのスカウトの眼力はスゴさには驚かされますね。

そりゃ2位以下を圧倒的に引き離して優勝するぐらい強いはずです。

おそらく、日本シリーズでは、その広島カープとの対決になるでしょう。

50セーブという前人未到の記録を達成した絶対的守護神サファテがいれば、

ソフトバンクの方が有利に試合を運べるんじゃないかと予想しています。

30歳を迎えてもまだまだ彼の勢いは衰えることはありませんね。

今シーズン絶好調のバルセロナに所属するリオネル・メッシが、

乾貴士が所属するエイバル相手に4ゴールの大活躍!

これで、今シーズン2度目となるハットトリック達成とか。

今や世界一のサッカー選手にまで登りつけたメッシですが、

何かいとも簡単に4ゴールを決めてハットトリックを達成した感じですね。

この日の試合でも、メッシのプレーは圧巻の一言。

前半19分、ネルソン・セメドがもらった1点目のPKをきっちり決めると、

さらに、メッシのプレーはエンジン全開になります。

個人的にスゴイと思ったのが2点目のゴールシーン。

3-1とバルセロナ2点リードで迎えた後半14分に、

セルヒオ・ブスケツからの横パスを受けた取ったメッシは、

倒れ込みながらもゴール左隅に押し込んで2点目を奪います。

このプレーは、パッと見た感じではそれほどのプレーには見えませんが、

相手ディフェンダー3人に囲まれながら、ゴールキーパーも手が届かない

わずかな隙間を通すシュート技術で決まったゴールなんです。

ゴールポストにスレスレのシュートでしたからね。

こんなシュートを打たれたら、ゴールキーパーはお手上げでしょうね。

そして、後半17分には、自らドリブルでボールを持ち込み、

一度パウリーニョに預けてワンツーで再度ボールを受け取ると、

そのままドリブルで一気にペナルティーエリア内まで侵入。

またしても、相手ディフェンダー3人が止めに来たにもかかわらず、

メッシは、ゴール左隅に流し込み見事ハットトリックを達成したんです。

このゴールは、それほど角度もシュートコースもなかったので、

スピードを活かしたメッシならではのゴールと言えますね。

仕上げは試合終了直前の後半42分。

ペナルティーエリア内にドリブルし、相手ディフェンダーを引きつけると、

ノーマークになった右サイドのアレイクス・ビダルにパスを出し、

その折り返しを軽くゴールに蹴り込んでダメ押しの4点目。

相手ディフェンダーも必死に止めに行っているんだけど、

どうしても止めることができないんですよね。

わかっていても止められないんです。

ファウルで止めることもできませんからね。

試合結果は、6-1でバルセロナの圧勝に終わりましたが、

むしろ、試合の序盤は、乾貴士が所属するエイバルが押し気味でした。

しかし、その試合の流れを変えたのが、メッシのゴールだと思います。

スピードに乗った時の彼の爆発力は凄まじいものがありますね。

メッシは、この日の4ゴールで5試合9ゴールという

驚異的なペースでゴールを量産しています。

バルセロナは、負け無しの全勝をキープし続けていますが、

今の絶好調のメッシがいる限り、このまま勝ち続けるような気がします。

一体どこまで連勝が続くか今後もメッシとバルセロナから目が離せません。

毎週楽しみだった「コードブルー」サードシーズンもついに放送終了。

でも、嬉しいことに、来年2018年に映画化されることが、

最終回の放送終了直後に発表されましたね。

「コードブルー」ロスになりかけていましたが、

映画が公開されるまで楽しみが増えてワクワクしています。

SNSでも、「コードブルー」映画化でファンから

たくさんの歓喜の声が上がっていました。

それだけ、今回のサードシーズンが面白かった証拠だと思います。

藍沢耕作、白石恵、緋山美帆子、藤川一男、冴島はるか

といったお馴染みのメンバーのさらなる飛躍、信頼関係、

友情、愛情に心を打たれ、胸が熱くなりました。

そして、新人フェローの名取颯馬、横峯あかり、灰谷俊平、

雪村双葉らの失敗しながらも少しずつ成長していく奮闘ぶりも、

毎回どうなっていくか楽しみに見ていました。

視聴率も最終回は16.4%と全10話中最高を記録しています。

サードシーズンは過去のシリーズと比べても、

とにかく、ストーリーの展開が早すぎてついて行くのに必死でした。

それに、次々といろんなトラブルが起きるため、

見ているこちらまで、いつもハラハラドキドキさせられましたからね。

特に、最終回の地下鉄開通前の線路内での崩落事故現場は、

藍沢先生や藤川先生らが二次災害に巻き込まれるトラブルが起き、

最後の最後までどうなるか目が離せない展開になりました。

そんな「コードブルー」が来週から見れなくなると思うと、

何だかとても寂しい気持ちになっちゃいますね。

でも、来年2018年に「コードブルー」の映画化が決定したので、

寂しい気持ちも一気にどこかへ吹っ飛んじゃいました。

来年、また彼らのパワーアップした姿が見られるんですね。

映画が公開されたら、必ずすぐに見に行きたいと思っています。

来年の映画公開が今から待ち遠しいですね。

★おすすめ情報 ⇒ 京都市の乳がん検診の費用とおすすめ病院

“ポスト浅田”と噂される日本女子フィギュア界の逸材がやりましたね。

平昌五輪を目指す16歳の本田真凜がシニアデビュー戦となる

USインターナショナルクラシックに出場していきなり優勝しました!

本田真凜は、シニアデビュー戦で優勝したことで、

シニアでも十分に戦えると自信になったんじゃないでしょうか。

高得点を狙って後半に組み込んだ3回転サルコーの回転不足を除けば、

ほぼジャンプは着地を決めることができていました。

それに、元々良かった表現力もさらに磨かれてきており、

今大会の本田真凜のシニアデビュー戦での優勝は、

実力で勝ち取ることができたと言えると思います。

ただ、少し気になったのがスタミナ面ですね。

最後は、ちょっとスタミナ切れを起こしてしまい、

演技後にリンクサイドに上がってすぐに倒れ込んでいましたからね。

おそらく、標高1300メートルという高地にあるリンクなので、

本田真凜は、酸欠状態になってしまったんだと思います。

それに、女子の場合、ジュニアでは3分30秒だった演技時間が、

シニアでは4分と30秒長いのも影響したんじゃないでしょうか。

まだジュニアから転向してきたばかりの16歳ですから、

スタミナ切れを起こしても仕方がないかもしれません。

あと、もう一つ気になったのが出来栄え点が低かったことです。

ジャンプの技術がまだ完成の域には達していない感じです。

このままでは、来年の平昌五輪の代表は微妙といったところ。

今回のショートとフリーの合計が198.42点はちょっと低いですね。

代表に選ばれたいのであれば、最低でも200点以上はいると思います。

まだ時間はあるので、まずはスタミナ面の強化がいるでしょう。

スタミナがついてくれば、演技にも余裕が出てくると思います。

ジャンプも表現力も全てにおいてプラスに働き、

出来栄え点も今よりもアップすることは間違いないはずです。

200点なんて余裕で超えることができるんじゃないでしょうか。

たった2枠しかない日本女子フィギュア平昌五輪代表。

もう一段階レベルアップすることができれば、

本田真凜にも十分にその資格はあると私は期待しています。