およそ100年前、アインシュタインの一般相対性理論で存在を予言されていたブラックホール。わたしたは、ブラックホールの存在はあるのだろうとは思っていましたが、その存在を見た事がありませんでした。

2019年4月10日、国立天文台 水沢VLBI観測所の本間希樹教授が、銀河の真ん中にブラックホールが存在することを決定づける、世界ではじめてブラックホールの輪郭の姿が撮影されたと発表。そして、その画像が公開されました。

ブラックホールの画像を見ると、きれいなリングになっていて、周りはオレンジ色になっていて真ん中が真っ黒になっています。

オレンジ色になっているのはガスで温度が高くて60億度。ちなみに太陽の表面お温度は6000度と言われているので想像ができない温度の高さ。

ブラックホールは強い重力で光さえ飲み込んでしまうため、その存在は謎の天体と言われてきました。

今回撮影されたブラックホールは、おとめ座のM87の銀河の中心にあるブラックホールなんだそうで、地球から光のスピードでなんと5500万光年と離れているそうです。その姿を捉えることが今までできなったそうです。

ちなみに月まで到達するには約1.3秒と言われています。どれだけ離れているのか想像もできません。

今回の撮影は、世界6か所にあるハワイ、チリ、スペイン、南極などの8つの電波望遠鏡を組み合わせて撮影されたそうですが、その電波望遠鏡の視力が凄い。人間の視力は1.2とかあると視力が良いと言われますが、電波望遠鏡の視力は300万相当あるそうです。

どの位の視力なのか分かりやすく例えると、地球上にいる人間が肉眼で月に置いてあるゴルフボールが見えてしまうほどの視力がある望遠鏡なんだそうです。