コンテンツへスキップ

30歳を迎えてもまだまだ彼の勢いは衰えることはありませんね。

今シーズン絶好調のバルセロナに所属するリオネル・メッシが、

乾貴士が所属するエイバル相手に4ゴールの大活躍!

これで、今シーズン2度目となるハットトリック達成とか。

今や世界一のサッカー選手にまで登りつけたメッシですが、

何かいとも簡単に4ゴールを決めてハットトリックを達成した感じですね。

この日の試合でも、メッシのプレーは圧巻の一言。

前半19分、ネルソン・セメドがもらった1点目のPKをきっちり決めると、

さらに、メッシのプレーはエンジン全開になります。

個人的にスゴイと思ったのが2点目のゴールシーン。

3-1とバルセロナ2点リードで迎えた後半14分に、

セルヒオ・ブスケツからの横パスを受けた取ったメッシは、

倒れ込みながらもゴール左隅に押し込んで2点目を奪います。

このプレーは、パッと見た感じではそれほどのプレーには見えませんが、

相手ディフェンダー3人に囲まれながら、ゴールキーパーも手が届かない

わずかな隙間を通すシュート技術で決まったゴールなんです。

ゴールポストにスレスレのシュートでしたからね。

こんなシュートを打たれたら、ゴールキーパーはお手上げでしょうね。

そして、後半17分には、自らドリブルでボールを持ち込み、

一度パウリーニョに預けてワンツーで再度ボールを受け取ると、

そのままドリブルで一気にペナルティーエリア内まで侵入。

またしても、相手ディフェンダー3人が止めに来たにもかかわらず、

メッシは、ゴール左隅に流し込み見事ハットトリックを達成したんです。

このゴールは、それほど角度もシュートコースもなかったので、

スピードを活かしたメッシならではのゴールと言えますね。

仕上げは試合終了直前の後半42分。

ペナルティーエリア内にドリブルし、相手ディフェンダーを引きつけると、

ノーマークになった右サイドのアレイクス・ビダルにパスを出し、

その折り返しを軽くゴールに蹴り込んでダメ押しの4点目。

相手ディフェンダーも必死に止めに行っているんだけど、

どうしても止めることができないんですよね。

わかっていても止められないんです。

ファウルで止めることもできませんからね。

試合結果は、6-1でバルセロナの圧勝に終わりましたが、

むしろ、試合の序盤は、乾貴士が所属するエイバルが押し気味でした。

しかし、その試合の流れを変えたのが、メッシのゴールだと思います。

スピードに乗った時の彼の爆発力は凄まじいものがありますね。

メッシは、この日の4ゴールで5試合9ゴールという

驚異的なペースでゴールを量産しています。

バルセロナは、負け無しの全勝をキープし続けていますが、

今の絶好調のメッシがいる限り、このまま勝ち続けるような気がします。

一体どこまで連勝が続くか今後もメッシとバルセロナから目が離せません。

毎週楽しみだった「コードブルー」サードシーズンもついに放送終了。

でも、嬉しいことに、来年2018年に映画化されることが、

最終回の放送終了直後に発表されましたね。

「コードブルー」ロスになりかけていましたが、

映画が公開されるまで楽しみが増えてワクワクしています。

SNSでも、「コードブルー」映画化でファンから

たくさんの歓喜の声が上がっていました。

それだけ、今回のサードシーズンが面白かった証拠だと思います。

藍沢耕作、白石恵、緋山美帆子、藤川一男、冴島はるか

といったお馴染みのメンバーのさらなる飛躍、信頼関係、

友情、愛情に心を打たれ、胸が熱くなりました。

そして、新人フェローの名取颯馬、横峯あかり、灰谷俊平、

雪村双葉らの失敗しながらも少しずつ成長していく奮闘ぶりも、

毎回どうなっていくか楽しみに見ていました。

視聴率も最終回は16.4%と全10話中最高を記録しています。

サードシーズンは過去のシリーズと比べても、

とにかく、ストーリーの展開が早すぎてついて行くのに必死でした。

それに、次々といろんなトラブルが起きるため、

見ているこちらまで、いつもハラハラドキドキさせられましたからね。

特に、最終回の地下鉄開通前の線路内での崩落事故現場は、

藍沢先生や藤川先生らが二次災害に巻き込まれるトラブルが起き、

最後の最後までどうなるか目が離せない展開になりました。

そんな「コードブルー」が来週から見れなくなると思うと、

何だかとても寂しい気持ちになっちゃいますね。

でも、来年2018年に「コードブルー」の映画化が決定したので、

寂しい気持ちも一気にどこかへ吹っ飛んじゃいました。

来年、また彼らのパワーアップした姿が見られるんですね。

映画が公開されたら、必ずすぐに見に行きたいと思っています。

来年の映画公開が今から待ち遠しいですね。

★おすすめ情報 ⇒ 京都市の乳がん検診の費用とおすすめ病院

“ポスト浅田”と噂される日本女子フィギュア界の逸材がやりましたね。

平昌五輪を目指す16歳の本田真凜がシニアデビュー戦となる

USインターナショナルクラシックに出場していきなり優勝しました!

本田真凜は、シニアデビュー戦で優勝したことで、

シニアでも十分に戦えると自信になったんじゃないでしょうか。

高得点を狙って後半に組み込んだ3回転サルコーの回転不足を除けば、

ほぼジャンプは着地を決めることができていました。

それに、元々良かった表現力もさらに磨かれてきており、

今大会の本田真凜のシニアデビュー戦での優勝は、

実力で勝ち取ることができたと言えると思います。

ただ、少し気になったのがスタミナ面ですね。

最後は、ちょっとスタミナ切れを起こしてしまい、

演技後にリンクサイドに上がってすぐに倒れ込んでいましたからね。

おそらく、標高1300メートルという高地にあるリンクなので、

本田真凜は、酸欠状態になってしまったんだと思います。

それに、女子の場合、ジュニアでは3分30秒だった演技時間が、

シニアでは4分と30秒長いのも影響したんじゃないでしょうか。

まだジュニアから転向してきたばかりの16歳ですから、

スタミナ切れを起こしても仕方がないかもしれません。

あと、もう一つ気になったのが出来栄え点が低かったことです。

ジャンプの技術がまだ完成の域には達していない感じです。

このままでは、来年の平昌五輪の代表は微妙といったところ。

今回のショートとフリーの合計が198.42点はちょっと低いですね。

代表に選ばれたいのであれば、最低でも200点以上はいると思います。

まだ時間はあるので、まずはスタミナ面の強化がいるでしょう。

スタミナがついてくれば、演技にも余裕が出てくると思います。

ジャンプも表現力も全てにおいてプラスに働き、

出来栄え点も今よりもアップすることは間違いないはずです。

200点なんて余裕で超えることができるんじゃないでしょうか。

たった2枠しかない日本女子フィギュア平昌五輪代表。

もう一段階レベルアップすることができれば、

本田真凜にも十分にその資格はあると私は期待しています。

待ちに待ったミニスーパーファミコンの予約開始になりましたね。

近所の家電量販店をチラッと覗きに行ってみたら、

すでにお店の前には長蛇の列ができていてビックリしました。

ついこの間、ミニスーパーファミコンの予約開始日が9月16日に決まり、

この日が来るのを多くのゲームファンが待ち望んでいたと思います。

そう言えば、私の友人も予約できたと大喜びしていましたが、

中には、予約できなかったという人も結構いるみたいですね。

ミニファミコンと同様にかなり注目度が高いのがわかります。

なかなか面白そうな人気ソフトばかり内蔵されていますからね。

ミニファミコンが発売された時は購入しなかったけど、

本体に内蔵されているソフトの充実度を知って、

ミニスーパーファミコンの購入を決めた人も多いと思います。

発売日に関しては、10月5日に決まりもう少し待たないといけません。

それと、もう一つ任天堂から嬉しい発表がありました。

それは、ミニファミコンの再販決定というニュースです。

品薄状態になって購入できなかった人には朗報じゃないでしょうか。

ちなみに、私はミニスーパーファミコンの予約開始日に予約しませんでした。

なぜかと言うと、今回発売されるミニスーパーファミコンは、

昨年発売されたミニファミコンよりも生産台数が多いからです。

ミニファミコンの時は、生産台数が少なくて買えない人が続出したり、

高値で転売されるといった問題も起きましたからね。

先行予約されているアメリカでは、転売目的による買い占めがあり、

ネットオークションにおいて高値で販売されているとか。

その辺の問題点も任天堂はきちんと考慮して、

ミニスーパーファミコンの生産台数を大幅に増やしたみたいです。

少し落ち着いてからでも、十分に購入できると考えているので、

私の場合は、もうしばらく待ってから購入することにしました。

その前に、購入し損なったミニファミコンも

来年生産が再開されたら忘れずに手に入れたいですね。

ついに眠っていたあの男が目を覚ましました!

ここまで打率1割台と絶不調だったヤクルトの山田哲人選手が、

WBC2次ラウンドのキューバ戦で、2本のホームランを放つ大活躍!

この山田選手の2発で勢いに乗った侍ジャパンは、

1敗で負けると後がない本気モードのキューバを粉砕しましたね。

試合前に稲葉コーチが今日は打ちますと断言していましたが、

まさか本当にここまで大爆発するとは思いませんでした。

どうやら、打撃フォームを修正してそれが上手くいったようです。

一回の滞空時間の長いホームランもスゴかったですが、

8回の初球のスライダーを狙い撃ちしたホームランも見事でした。

山田選手のスゴイところは、軸が全くブレないところです。

スローVTRを見てもらえばわかりますが、頭の位置が全く動かないんです。

無駄な動きがなく、コマのようにクルッと体を回転させて打ち、

特に、インコースの球のさばき方は、日本球界で1、2を争う上手さです。

元々、スロースターターなので、これから活躍してくれるはず。

山田選手の復調で、次戦以降は打線に厚みが増していくと思います。

そして、筒香選手と救援陣もきちんと仕事をしてくれましたね。

筒香選手は、2打席連続の同点タイムリーを放ってくれましたし、

先発陣が打ち込まれる中、ここにきて救援陣が復調し始め、

終盤をしっかり無失点でしのいでくれたのは大きかったです。

さて、この日のキューバ戦は、山田選手らの復調組の活躍で

侍ジャパンが勝利したのは間違いありませんが、

実は、他にも侍ジャパンがキューバに勝てた要因があります。

それは、キューバがミスを重ねてしまったことです。

6回にはキャッチャーがボールを後ろにそらした隙に振り逃げし、

その後、同点タイムリーに繋がってしまいました。

さらに、このミスが一番大きかったかもしれません。

それは、8回の代打・内川選手が放った犠牲フライです。

内川選手が打った打球は、ライトへのファウルフライでした。

一見すると、何も問題なかったように見えますが、

ここでは、フライアウトにするのではなく、ファウルにすべきでした。

そうすれば、3塁ランナーはタッチアップすることができず、

キューバは失点を防ぐことができたからです。

もし、ファウルにしていたら、内川選手をゲッツーに討ち取って、

その回を無失点に抑えれた可能性もゼロではなかったと思います。

これだけ力が拮抗した試合では、ミスをした方が負けます。

もう相手に1点もやれない状況だったので、

この判断ミスはキューバにとってかなり痛かったと言えますね。

これで、5連勝の侍ジャパンは、決勝ラウンドに王手をかけました。

次戦のイスラエルは、今大会快進撃で大旋風を巻き起こしています。

オランダやキューバほどの強さではないとは言え、今大会の勢いは本物です。

侍ジャパンは、引き続き気を引き締めて試合に臨んでもらい、

アメリカで行われる決勝ラウンドに全勝で進出してほしいですね。

最近知ったのですが、進行性乳がんって凄く怖い病気だったんですね。

私は35歳なんですが、今まで乳がん検診をいちども受けたことがありません。

ところが少し前に友人が乳がんで亡くなったと知りました。

彼女は、乳がんが発見されてから、わずか1年で亡くなったのですが

乳がんが発見された時は、ステージ4の進行性乳がんで手術も出来なかったそうです。

芸能人でも小林麻央さんが同じ乳がんと聞いて、わたしも他人事じゃないと思います。

そこで、わたしも乳がん検診を受けようと色々調べてみたのですが

女性の12人に1人が乳がんになり、毎年1万人異常が亡くなっています。

でも発見が早ければ、5割以上の方が助かったとも言われているそうです。

わたしのように35歳になったら、毎年受けた方がいいそうです。

ちなみに私は、埼玉県の川口市に住んでいますが、どの病院がいいのでしょうか>

ネットで調べたら、10,000円以内で乳がん検診を受けられる病院が2件見つかりました。

川口パークタワークリニックでは、マンモグラフィが8,640円、乳腺エコーが5,400円で受けられます。

また稲生医院でも、マンモグラフィが8,640円、乳腺エコーが5,400円で受けられます。

こんなに安く乳がん検診が受けられるなら、毎年受けた方がいいと思います。

ちなみに2つの病院とも川口駅から近く交通の便も良いと思います。

川口市の乳がん検診おすすめ病院

米倉涼子さんが主演の人気ドラマドクターXの主役である大門未知子が重要な場面で必ず言う「私、失敗しないので。」の決まり名セリフにはモデルがいたんですよ。

ドクターXの脚本家で「私、失敗しないので。」の名セリフを誕生させたのは中園ミホさんです。

中園さんは「取材力の中園ミホ」と言われており、マーケティングリサーチを徹底して行う脚本家として業界では知られているそうです。

ご本人の話によると、脚本を書く時は、その舞台となる現場の人の生の声を徹底的に聞きだし、次に頭の中で演じる役者さんをイメージして掛け合わせるそうです。

すると、中園さんの頭中にはそれぞれの登場人物たちが勝手にしゃべってくれたり動いてくれるそうです。そうやってキャラクターが誕生するそうです。

ところがドクターXの場合は、そのキャラクターを生み出すのに大変苦労をしたそうです。理由は、大門未知子のような一匹オオカミのフリーランスの医師は日本にはあまり居ないからなのです。

そのためキャラクターが出来ないので行き詰まり、中園さんは無口な外科医を設定しようかとあきらめかけていたそうです。

とろころが、そんなある日、夜中にたたまたまテレビをつけたらロンドンオリンピックの柔道女子の決勝戦の中継していて、日本代表として戦っていた松本薫選手の闘志むき出しに戦う姿勢が、中園さんにものすごく鮮烈な印象を与えたそうです。

そして、金メダルを獲得した後のインタビューで松本選手が「私、ミスをしないんで。」と言った言葉に衝撃を受け、その瞬間「私、失敗しないので。」の大門未知子の名セリフが誕生し、試合では誰にも負けないと言う強う意志を持ち、試合が終われば女性らしい笑顔を見せる松本選手から大門未知子のキャラクターが誕生したそうです。

ちなみに、中園ミホさんが脚本を手がけた人気ドラマは本当にたくさんあります。
ニュータウン仮分署(1988年、テレビ朝日)
君のためにできること(1992年、フジテレビ)
白鳥麗子でございます!(1993年、フジテレビ)
For You(1995年、フジテレビ)
Age,35 恋しくて(1996年、フジテレビ)
Dear ウーマン(1996年、TBS)
不機嫌な果実(1997年、TBS)
ラブとエロス(1998年、TBS)
恋の奇跡(1999年、テレビ朝日)
恋愛中毒(2000年、テレビ朝日)
20歳の結婚(2000年、TBS)
やまとなでしこ(2000年、フジテレビ)
氷点2001(2001年、テレビ朝日)
スタアの恋(2001年、フジテレビ)
ぼくが地球を救う(2002年、TBS)
ハコイリムスメ!(2003年、関西テレビ)
南くんの恋人(2004年、テレビ朝日) 
anego[アネゴ](2005年、日本テレビ)
プリマダム(2006年、日本テレビ)
ハケンの品格(2007年、日本テレビ)
OLにっぽん(2008年、日本テレビ)
コールセンターの恋人(2009年、テレビ朝日)
ナサケの女 ?国税局査察官?(2010年、テレビ朝日)
下流の宴(2011年、NHK)
専業主婦探偵?私はシャドウ(2011年、TBS)
はつ恋(2012年、NHK)
Doctor-X 外科医・大門未知子 第1シリーズ(2012年、テレビ朝日)
Doctor-X 外科医・大門未知子 第2シリーズ(2013年、テレビ朝日)
花子とアン(2014年、NHK連続テレビ小説)
Doctor-X 外科医・大門未知子 第3シリーズ(2014年、テレビ朝日)
Dr.倫太郎(2015年、日本テレビ)
トットてれび(2016年、NHK)
Doctor-X 外科医・大門未知子 第4シリーズ(2016年、テレビ朝日)
西郷どん(2018年、NHK大河ドラマ)[11][12]

※ウィキペディアより引用

断食道場って聞いたことあると思いますが、断食はなんのために行うのでしょうか?

断食というとラマダンなど宗教を思い出す人も多いのではないでしょうか?

事実、日本でも宗呂の修行に行われていたこともあるようですが、現代では違います。

主に健康のために行います。ダイエットから生活習慣病の改善まで幅広く行われています。

中でも有名なのが、藤城博さんの断食キャンプ!

藤城さんは、日本でも有名な食事療法の権威者の一人です。

なぜ彼が断食を推奨しているかと言うと「身体のリセット」を目的としているから。

え?なんで断食が体のリセットになるのでしょうか?

人間は、生まれた時から、1日3食の食事を摂る習慣があります。つまり胃も腸も

1年中休まずに働き続けています。歳をとれば胃腸が疲れてくるのは当然ですよね?

胃は食べ物を消化して、腸は栄養を吸収していますから、その消化吸収が衰えます。

少なくとも2日間もしくは3日間の断食を行うと胃腸が休まり、本来の機能を回復します。

さらに体内に溜まっていた老廃物などデトックス効果で排出されます。

これが藤城さんの言う体のリセットです。

リセットされた体は、真っ白な画用紙みたいなもの。

ここに、どんな絵を描くか?これが食事のことです。

このタイミングで健康的な食事をすると真っ白なキャンパスが、健康的な色に染まってゆきます。

ところが元の悪い食生活に戻れば、真っ白なキャンパスが、生活習慣の色に染まるという考え方です。

これを藤城博さんは、断食療法と呼んでいます。、

もちろん食事療法との組み合わせが最低条件ですが、その効果は抜群と言われています。

興味のある方は、試してみませんか?

宇多田ヒカルが、ファーストシングル「Automatic」でデビューしてから、

長いものでもう18年も経っちゃったんだね。

It's automatic ~♪ って歌声を当時はよく耳にしました。

たしか「Automatic」のプロモーションビデオで、

天井が低そうな部屋で低い体勢で歌っていたのが話題になりましたね。

デビューしてしばらくは、あまり表舞台に出てこなかったけど、

最近は、ちょくちょく音楽番組に出るようになってきました。

そんな宇多田ヒカルですが、どうやら今年の紅白歌合戦に出場する方向で

今現在、NHKと交渉を進めているようです。

もし、出場することが決定したら初出場になりますね。

今までもずっとNHKがオファーを出してはいたけど、

仕事の都合を理由にいつも断っていたみたいです。

でも、なぜ今年の出場する可能性が高まったんだろう。

宇多田ヒカルって、たしか“人間活動に専念する”とか言って、

5年間音楽活動を休止していましたよね。

そして、今年5年ぶりに音楽活動を再開したわけなんだけど、

復帰して最初のお仕事がNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の

主題歌「花束を君に」の楽曲提供だったんです。

今思えば、復帰後最初のテレビ出演も今年9月に放送された

NHKの「SONGS スペシャル」という音楽番組でしたね。

おそらく、これらのNHKとの縁が伏線となって、

前向きに出場を考えることなったんでしょうね。

ただ、宇多田ヒカル側は、VTRでの出演を希望しているとのこと。

そう言えば、復帰後に宇多田ヒカルが出演した他局の音楽番組は、

覚えている限りでは、全て事前に収録した録画放送だったと思います。

過去にも、レディー・ガガなど録画出演をした歌手はいるので、

NHKがVTRでの出演を容認することはそれほど難しいことではありません。

果たして、宇多田ヒカルが紅白歌合戦初出場となるんでしょうか。

結婚式で一番感動を呼ぶシーンと言えば、新婦が両親あてに書いた感謝の手紙です。現在、そのシーンがさらに進化していて、両親が号泣する最新演出があるのをごぞんじですか?

それが「メモリプレイ」です。私は何十年も結婚式に出席したことがないので全く知りませんでした。

メモリプレイとは、プロの役者が、新郎・新婦の子供から大人に成長するまでを演じて、両親をその当時にタイムスリップさせるサプライズ演出。とにかく両親が感動して号泣してしまうということで人気なんだそうです。

メモリプレイを行う時は、結婚式の3ヶ月前に新郎・新婦と打合せをします。そこでは、母親が作ってくれた料理や反抗期があった時の出来事や思い出に残っているエピソードをより詳しく聞き出します。

それを元にオリジナルの台本を作成します。懐かしい思い出や、昔は両親にいえなかった感謝の思いなどが盛り込まれます。

その台本を、新郎新婦にチェックしてもらい、話し方や、それぞれの地方の方言などを修正します。

そして、新郎新婦に似た役者を選びます。そのとき選ぶのは、幼少期、学生時代、社会人とそれぞれ選びます。

そのメモリプレイを行った新婦の感想は「自分の書いた手紙だけでは伝えられない思いが両親に伝える事が出たので感謝でいっぱい」

そして、思いを伝えた両親は「ああいう形で出てくるとは全く想像しなかったので感動します。一番小さい頃が胸にきますね。」

ちなみにお値段は、300,000万円前後。出演者の人数、演出によって値段はかわるそうです。

その他にも、結婚式を盛り上げる最新演出があります。

●壁一面に新郎新婦の映像を投映するプロジェクションマッピング。お値段は19万8000円(税抜)

●スマートホンやタブレットを使って結婚式に参加できない人もネット経由で参加する事ができるスマートウエディング。お値段は5万円~

など、お値段が高いのか?それとも安いのか?人によってさまざま違うとおもいますが、一生に一度の事です。最高の思い出を作るためには考えても見てもいいのかも。