あれよあれよと言っているうちに、2020年はすぐそこまできて、いよいよ東京オリンピック開催まで1年とチョットとなりました!

東京でオリンピックがが開催されるのは、1964年のとき以来、こんな盛大なイベント是非見に行きたいと思っている方は多いのでは。

そんな東京オリンピック観戦チケットは抽選で行われるそうで、その予約が5月9日から開始されていましたが、先日の5月28日に終了しました。

そのID登録数が、なんと750万件以上!

とにかく種目に関係なく多く登録した人もいたようで、チケット予約の平均金額は32万円なんだそうです。これを高額だと思うのか・・・どうなのだろうか。。。

抽選結果は5月20日に登録した方にメールで伝えるそうです。当選するかは本当に運ですね。

ですが、当選しなかったとしても、戦っている選手の表情が一番わかりやすく見れるのはやっぱりテレビだと思うので、自宅でビール片手に選手を応援しましょう。

大人になってもう何十年も経っていますが、今の自分のこの顔が一瞬で幼顔に変身できるスマホアプリがあること知りました。

実際にそのアプリを使って自分の幼顔を見た人は「本当に幼顔でリアル!」と、みんな驚いています。

この年齢になって今さら幼顔・・・・と、思っていても、年を重ねたからこそ幼顔になってみたくなるのが人間です。

さっそく、そのアプリを調べてみると、そのスマホアプリは「スナップチャット」といい、顔が変身できるスマホ用のカメラアプリです。

利用方法は、スナップチャットの公式ホームページからインストールして新規登録をしてから利用が可能になります。

「子供フィルター」を選択すると、自分の今の顔が幼顔に変身します。

スナップチャットでは、幼顔になれる子供フィルター以外にも性別がかえられる女性化フィルターや男性化フィルターなどもあるので、このアプリだけで相当楽しめそうで、芸能人も変身した顔をインスタなどで紹介しているようです。

およそ100年前、アインシュタインの一般相対性理論で存在を予言されていたブラックホール。わたしたは、ブラックホールの存在はあるのだろうとは思っていましたが、その存在を見た事がありませんでした。

2019年4月10日、国立天文台 水沢VLBI観測所の本間希樹教授が、銀河の真ん中にブラックホールが存在することを決定づける、世界ではじめてブラックホールの輪郭の姿が撮影されたと発表。そして、その画像が公開されました。

ブラックホールの画像を見ると、きれいなリングになっていて、周りはオレンジ色になっていて真ん中が真っ黒になっています。

オレンジ色になっているのはガスで温度が高くて60億度。ちなみに太陽の表面お温度は6000度と言われているので想像ができない温度の高さ。

ブラックホールは強い重力で光さえ飲み込んでしまうため、その存在は謎の天体と言われてきました。

今回撮影されたブラックホールは、おとめ座のM87の銀河の中心にあるブラックホールなんだそうで、地球から光のスピードでなんと5500万光年と離れているそうです。その姿を捉えることが今までできなったそうです。

ちなみに月まで到達するには約1.3秒と言われています。どれだけ離れているのか想像もできません。

今回の撮影は、世界6か所にあるハワイ、チリ、スペイン、南極などの8つの電波望遠鏡を組み合わせて撮影されたそうですが、その電波望遠鏡の視力が凄い。人間の視力は1.2とかあると視力が良いと言われますが、電波望遠鏡の視力は300万相当あるそうです。

どの位の視力なのか分かりやすく例えると、地球上にいる人間が肉眼で月に置いてあるゴルフボールが見えてしまうほどの視力がある望遠鏡なんだそうです。

1月16日に行われた全日本選手権のジュニア男子で注目されたのが11歳の松島輝空くんです。高校生を連続で撃破して見事ベスト8入りしました。

松島輝空(そら)小学5年生で、ベスト8位入りは、2015年の張本智和選手に並ぶ最高記録なんだそうです。

試合が終わりベスト8入りした時のインタビューでは、「張本選手と比べられるのは正直嫌です。お父さんはガーガー言うんですけど、自分はそんなに気にせずに、とりあえず1試合1試合頑張っていこうと思います。」と語っています。

その輝空のコーチをしているのが、父親である松島卓司さん。あれ、名前に卓球の”卓”の漢字が使われている。偶然かな。。。

実は、お母さんも元実業団卓球選手で優勝経験もあるそうで、卓球一家の中で育っているんです。

卓球の全日本選手権には様々な部があり、松島輝空はこれまでにも素晴らしい成果を上げてきています。

【松島輝空くんの全日本選手権主な戦績】

  • 2018年 平成30年度全日本選手権ホープスの部 男子 優勝
  • 2017年 平成29年度全日本選手権カブの部 男子 優勝
  • 2016年 平成28年度全日本選手権カブの部 男子 優勝
  • 2015年 平成27年度全日本選手権バンビの部 男子 優勝
  • 2014年 平成26年度全日本選手権大会バンビの部 男子 優勝

これからも目が離せませんね。応援しましょう!

リアルラゾンシャンプーは、長期的に発毛周期を活発化目的としたシャンプーです。

リアルラゾンシャンプーは、25年もの研究期間と4億円以上の開発費を費やし、専門家と専門機関が協力して開発された独自の発毛促進技術・ナノキャリアシステムを採用しています。

このナノキャリアシステムとは、発毛促進に必要な有効成分を毛穴の奥深くに浸透させるために有効成分をナノ化、つまり小さい粒子に凝縮することで、毛穴の奥にある毛母細胞に直接働きかけて活発にさせる技術です。

髪の毛は発毛周期と呼ばれるサイクルによって、抜けたり生えたりを繰り返していますが、ナノキャリアシステムの技術で有効成分をナノ化することで、髪の毛の根元部分にまで有効成分が浸透し、発毛周期を長期間にわたって活性化させることによって、短期間で発毛させるというもの。

また、独自の配合技術で作られた高級育毛成分によって、男性型脱毛症(AGA)をはじめ、あらゆる脱毛症にも期待されており、微香性でニオイも気にならず、髪の毛のツヤやハリが出るなどの美容効果もあるので、女性の利用者も増えてきているのも人気の秘密です。

アメリカでベストセラーの魔法のソファYogibo【ヨギボー】が日本で手に入るようになりました。

Yogibo【ヨギボー】とは♪

Yogibo【ヨギボー】とは、様々な形に変身して最高の座り心地が味わえる魔法のビーズソファで、あまりの快適さに動けなくなるほど気持ちイイと評判になっています。

Yogibo【ヨギボー】の特徴♪

最大の特徴はソファでありながら、魔法のように椅子やリクライナー、ベッドに変身する点です。タイプは大きさ別にYogibo Max・Yogibo Midi・Yogibo Miniの3つが用意されています。その他にもリラックス・オプションやグッズやカバーなどがあります。

軽量で省スペース♪

Yogibo【ヨギボー】は、従来のビーズソファーとは違う独自の新技術(米国で特許申請中)で作られています。無段階調整で体に最適にフィットするだけでなく、軽量なので持ち運びが出来る上に立て掛けることができる省スペースも魅力の一つです。

ペットがいても丈夫で安心!

さらに触り心地が柔らかで気持ち良いのに耐久性があるので、猫や犬が噛んだり引っかいても破れません。またYogibo【ヨギボー】は二重構造になっているので、汚れてもカバーを洗濯機で洗えるので常に清潔に保つことができるのです。

選べる3タイプ♪

Yogibo Max
大きめのソファにもベッドにもなるNo.1ベストセラー!
長さ(170cm)幅(70cm)厚み(48cm)重さ(8kg)
Yogibo Midi
一人がけのチェアやラブソファとしてワンルームにピッタリ!
長さ(125cm)幅(70cm)厚み(45cm)重さ(5.9kg)
Yogibo Mini
パーソナルサイズでソファで子供部屋や一人暮らしのリラックスに!
長さ(85cm)幅(70cm)厚み(45cm)重さ(4.2kg)

最近、良くテレビを見ていると見かける事が多くなった管理栄養士の伊達友美さん。現在48歳でとってもスリムな体型をされていますが、実は、以前は身長154cm、体重65キロと太っていたんだそうですよ。

なんでも、20年間ダイエットを実践したにもかかわらず、痩せることが出来なかったのだとか、、、ところが、そんな時、あるダイエットをしたら-23キロの減量に成功!そのダイエットのコツはお腹がすいたら我慢しないで食べるのだそうですが、ほんとかいな!?

ただし!小麦粉を使ったも、パン、ラーメン、そうめん、うどん、お好み焼きなどは一切食べない『グルテンフリーダイエット』ですなんです。その方法を紹介します。

グルテンフリーダイエットとは

グルテンは小麦粉に含まれるたんぱく質のことです。お米とかも同じ炭水化物ですが、なかでも特に小麦粉のグルテンは血糖値を上げやすく脂肪を溜めやすい特徴をもっています。

さらに、小麦粉は脳を刺激して食欲のコントロールが出来なくなり、食べても食べて食欲が増して食べ過ぎてしまうそうです。

伊達さんいわく、食欲を刺激するグルテンを食べ過ぎるから次々に食べ過ぎてしまうので、それを避けた食事をすれば痩せられることにたどり着いたんだそうです。

伊達友美さんが行ったグルテンフリーダイエットの方法

例えば、焼きそばを食べたいときは小麦粉を使った蕎麦を選ばないで米粉を使った焼きビーフンに変えたり、お肉を食べるならつなぎに小麦粉を使ったパン粉が入ったハンバーグは避けて、焼肉にするなど小麦粉を使用したものは極力避けるというもの。

今は商品のパッケージに原材料が書いてあるので何が使われているのか一目で分かります。買い物するときチェックしながら購入すると良いですね。

この、グルテンフリーダイエットは痩せられるだけではなく、小麦粉は食べませんが、ほかの肉や魚、野菜、卵などの素材の制限がありません。しっかり食べれるので栄養バランスが良いのがメリットだと伊達さんはいいます。

実は、ビタミンやミネラルなどはダイエットにはとても必要な大切な栄養素なんです。

このグルテンフリーダイエットは有名なスポーツ選手も実践していますよ。テニス界世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ選手が実践していて本まで出版していて10万部以上も売れたんだそうです。

糖質制限ダイエットだとご飯も制限しなくてはならないので、ご飯が好きな方には辛いダイエット方法ですが、グルテンフリーダイエットは小麦粉を制限するだけなので実践できそうではありませんか。あなたも今日からグルテンフリーダイエットを実践してみてはいかがでしょうか?

最近、わたしが飲み始めたのがシリカです。近年、雑誌などで紹介されることが多くなったシリカ水とかシリカウォーターと呼ばれているもの。

それらはケイ素を含む天然水をペットボトルに詰めたミネラルウォーターなんですが、私が飲んでいるシリカは、水溶性珪素濃縮液といって水晶から取り出したエキスです。

シリカとは珪素のことなんですが、ケイ素って元々鉱石です。珪素が純度99.9%で結晶すると水晶になるんですね。

このシリカには凄い力が秘められいます。古代中国では難病を治療する奇跡の水とも言われていたそうです。

では、シリカには、どんな力が秘められているのでしょうか?

代表的な効果は、活性酸素の除去です。

体内でできた活性酸素は、外部から侵入してきた敵をやっつけてくれるのですが、同時に自分自身を攻撃してしまうため細胞を破壊する悪者になってしまうのです。

つまりシリカには、余分な活性酸素を除去してしまう秘密の力があるのです。

わたしが飲んでいる珪素のちからは、水晶石を2000度の高温で加熱し、気化した珪素を水溶性にして取り出したものです。

このシリカには、活性酸素を除去するだけじゃなく様々な効果があるようです。

気になる方は調べて見てくださいね。

ようやく2020年東京五輪・パラリンピックのマスコットが決まりましたね。

マスコットの候補としては3つの案が挙げられていましたが、どうやら、キャラクターデザイナーの谷口亮さんが考案した日本伝統の市松模様が施された近未来ロボット型のア案に決まったようです。

今回の東京五輪マスコットを選ぶための投票は、全て小学生によって行われたと言われています。

まあ過去に東京五輪のエンブレムの盗作問題などもあったし、選考経過に関しても透明性があって良かったんじゃないかと思います。

個人的も、未来感が現れているア案が選ばれれば良いなと思っていたので、東京五輪マスコットにア案が選ばれて嬉しいですね。

イ案やウ案もカワイらしかったし、ダメだというわけではありませんが、既存の有名なキャラクターに似ているという噂が流れましたからね。

そういう意味でも、ア案に決まって一安心といったところでしょうか。

今回採用されたア案の2つの近未来ロボット型キャラクターのテーマは、伝統と近未来が一つになった温故知新的キャラクターと、桜の触覚と超脳力を持つクールなキャラクターだそうです。

そして、この東京五輪マスコットを考案されたのが、キャラクターデザイナーである谷口亮さんという方です。

どのような方なんだろうととても気になっていたんですが、いざ本人が登場するとちょっと驚いちゃいました。

だって、見た目が丸坊主と髭面に菊の花がら模様のどてらを着たかなりキャラが立っている方だったんですから。

正直言って、見た目で判断するのは失礼なんですが、今回のカワイらしい東京五輪マスコットを考案したとは、谷口亮さんの見た目からは思えませんでした。

ただ、とても優しそうな笑顔をしているのが印象的でした。インタビューでも、収入が不安定な仕事で苦労をかけている奥さんに、賞金で何か美味しいものを食べさせてあげたいと語っていました。

このような愛妻家で心優しい方だからこそ、小学生の子供たちの心に響くようなカワイらしくてステキな東京五輪マスコットを考案することができたんでしょうね。

名前に関しては、7、8月頃には公表されるみたいなので、今からどのような名前になるか楽しみに待ちましょう。

ようやくメジャーリーガーとしての一歩を踏み出した大谷翔平。

エンゼルスと言えば、あの松井秀喜や長谷川滋利らが在籍したチームで

比較的日本の野球ファンにも馴染みがあるかもしれませんね。

さて、今回ポスティングシステムでの移籍となったわけだけど、

エンゼルスに移籍する大谷翔平の契約金は231万5000ドル、

日本円で約2億6200万円に決定しました。

巷ではこの大谷翔平の契約金が安いと噂になっています。

確かに彼のこれまでの活躍や実力、伸びしろなどを考えれば、

もっと高い契約金でも良いような気もします。

ダルビッシュ有の60億円、田中将大の161億という

とんでもない契約金と比較したらかなり格安です。

何か過去の日本人選手の契約金が莫大な金額すぎて、

感覚が麻痺していた感じもあったとは思いますが、

それでも、やっぱり大谷翔平の契約金約2億6200万円は安い!

一方で、大谷翔平の契約金が妥当という意見もあります。

大谷翔平は、まだ彼らほどの実績は残していませんからね。

ただ、おそらく怪我もなく普通に力を発揮することができれば、

間違いなく1年目から10勝は堅いと思いますし、

打者としてもそこそこ活躍するでしょう。

でも、なぜこんなに契約金が安いんでしょうか。

実は、昨年メジャリーグでは、海外選手獲得の際の契約金制限の

適用年齢が23歳未満から25歳未満に変わったことが影響しています。

この変更でエンゼルスが支払いできる契約金の上限額が、

今回の約2億6200万円だったというわけです。

まずはマイナー契約から始まり、その後メジャーに昇格しますが、

年俸に関しても、最低保証年俸額の54万5000ドルとなるため、

日本円でわずか約6160万円からのスタートになるようです。

たぶん、大谷翔平は、お金よりも自分が試合に出れる環境が揃った

チームを第一に考えて選択したんだと思われます。

それほど、メジャーリーグへの憧れが強かったということでしょう。

それにしても、エンゼルスは本当に良い買い物をしましたね。

だって、大谷翔平の場合は、二刀流という話題性もありますし、

集客数やグッズ売り上げのアップなども見込めるからです。

そのようなメリットも考えれば、今回のエンゼルスの大谷翔平獲得は、

かなりのお買い得だったと言えるんじゃないでしょうか。