コンテンツへスキップ

元号が平成から新元号にもうすぐ変わるかもしれません。

政府が、天皇陛下の譲位希望を受けて、

平成31年に新元号への変更を検討しているみたいです。

いきなり飛び込んできたニュースだったんで凄く驚きました。

だって、結構急な話ですからね。

でも、なぜ平成30年という切りの良い年ではなく、

平成31年という中途半端な時に新元号に変更されるんだろう?

最初は、ニュースを知って不思議に思いましたが、

これには、理由があったんです。

それは、天皇陛下の在位期間です。

平成31年に天皇陛下の在位期間が、

ちょうど30年の節目を迎えるらしいんです。

これで、納得いきましたね。

変更日に関しては、1月1日の元日を予定しているとか。

変更日は、切りの良いタイミングなんですね。

どうやら、私たち国民の生活に大きな影響が

及ばないための配慮なんだって。

新元号の発表は、1月1日に官房長官によって行われますが、

どんな年号になるか今から楽しみですね。

前回は、のちに総理大臣も務めた小渕さんが、

「平成」と書かれた額を掲げて発表されました。

かなり懐かしいけど、今でも鮮明に覚えています。

今から2年後かぁ・・・

たぶん、2年ぐらいあっという間でしょうね。

さて、今回天皇陛下が譲位することが決定しましたが、

今回が特例で、今の天皇陛下の一代限りだそうです。

次からは、どれだけ体がキツくても

亡くなるまで続けないといけないんですね。

近々、特例法の法整備が行われるみたいで、

皇室典範も多少は変更しなければならないとか。

たった一度のためにホント大変ですよね。

でも、今回の譲位の問題よりもさらなる問題が待っています。

そうです。女系天皇の問題です。

今の皇太子様の次の天皇陛下をどうするのか。

これまで、女性天皇は何人か存在していますが、

母方だけが天皇の血を引く女系天皇は一人もいません。

つまり、男系天皇が途絶えて女系天皇になれば、

別の家系の天皇が生まれることになり、

事実上、天皇家の血筋が途絶える形になるとか。

もし、このまま女系天皇を認めなければ、

皇室の存続が危うくなるかもしれませんね。

最近、テレビや雑誌、新聞、ネットなどでも目につくようになったアクティブシニア。
「アクティブシニア向けのマンション」
「アクティブシニア向けの旅行」
などの広告を良く見かけるようになりました。このアクティブシニアと言う言葉、一体どのような意味で使われているのでしょうか。

アクティブシニアとは、主に団塊の世代の65歳から75歳までの人のことで、定年した後も、趣味や仕事などさまざまな活動を意欲的に行っている、元気なシニア層の方々のことを指して使っているそうです。

団塊世代の人は、流行に敏感で、自分なりのライフスタイルにもこだわりをもっている人が多いそうです。

その為、定年を迎え会社を退職しても、第二の人生を自分なりの価値観をもって生活しようとしているそうです。たとえば、、旅行、山登り、音楽、ファッションなど、生活スタイルのこだわり方は多彩なんだそうです。

そこで、旅行業をはじめ、さまざまな企業が、商品を販売するにあたり、「高齢者向け」とか「シニア向け」と言う従来使われていた言葉を使うよりも、活発なイメージがあるアクティブシニアという言葉を使った方が商品が売れやすくなるのだとか。。。

近年は、そのアクティブシニアを対象にした旅行プランや住宅設計などが増えているそうです。

そして、それに伴ってもう一つの造語が誕生したそうです。それが「バリアアリー」。
これまでは、高齢者の生活には、生活に支障となる段差をなくすバリアフリーを求める人が多かったのですよね。

しかし、活動的なアクティブシニアが求めているのは、意図的に段差や階段などの障害が設けるバリアアリーなんだそうです。
日常であえて障害を設ける事で注意力を高め体力をアップすることを求めているそうです。生涯現役!これを目標にしているんですね。素晴らしい事ですよね。

今年話題になった言葉を選ぶ「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の

大賞候補としてノミネートされた30語が発表されましたね。

今日本だけでなく世界中で話題になっているピコ太郎のPPAPをはじめ、

ポケモンGO、SMAP解散、ゲス不倫、神ってる、タカマツペア、

都民ファースト、文春砲、君の名は。、斉藤さんだぞ、パナマ文書など、

今年は様々なジャンルからバランスよく30語が選ばれたような気がします。

ノミネートされるだけならどんな言葉が選ばれても問題ないけど、

いざ大賞を選ぶとなると、どれでも良いとというわけにはいかなそう。

だって、基本的には、大賞に選ばれたら受け取りに来ないといけません。

主催者側のユーキャンも多くのマスコミが集まってくるわけだから、

受け取りに来ないであろう言葉を選ぶというわけにはいかないでしょう。

そういう理由もあり、審査する人も授賞式に受け取りに来てくれる

可能性が高い言葉を選ぶ傾向にあるのではないでしょうか。

そのように考えると、ゲス不倫はいくら話題になったからと言って、

大賞に選ばれることはまずありえないと思います。

ベッキーさんも川谷絵音さんも選ばれても絶対に来ませんからね。

だから、センテンススプリングなどもないでしょう。

でも、文春砲は週刊文春さんが受け取りに来るかもしれませんね。

ならば、逆にどの言葉なら受け取りに来るんだろうか。

PPAPはピコ太郎、ポケモンGOは任天堂社員、神ってるは鈴木誠也選手、

タカマツペアは高橋・松友の両選手、都民ファーストは小池知事、

この辺りは、大賞に選ばれたら来てくれそうですね。

私の予想ですが、おそらく今挙げた5つの中から

年間大賞が選ばれるんじゃないかと思っています。

今年のトップテンと年間大賞の発表は12月1日に発表されるようなので、

今からどの言葉が大賞に選ばれるか本当に楽しみですね。

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」は評判が良く本当に面白いよね。

最近は、視聴率が伸びずに低迷している大河ドラマだけど、

久しぶりに早く次回が待ち遠しいと思える内容に仕上がっていると思います。

今日も早く次の日曜日が来ないかとワクワクしながら待っていたところ、

なんと、2019年の大河ドラマの情報が飛び込んできたんです。

来年2017年は柴咲コウさん主演の「おんな城主 直虎」、

再来年2018年は鈴木亮平主演の「西郷(せご)どん」はすでに決定済み。

そして、2019年は一体どんな時代背景になるんだろう?

基本的に、大河ドラマは戦国時代や幕末といった日本史に登場する

歴史上の人物を題材にして作成されています。

ただ、どうやら2019年の大河ドラマは違うようですね。

しかも、脚本を担当するのが、あの宮藤官九郎さんなんだって。

“クドカン”の愛称で人気の宮藤官九郎さんと言えば、

NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を担当したことで有名ですね。

これまで様々な人気ドラマの脚本を手掛けてきた宮藤官九郎さんですが、

彼が2019年に担当する大河ドラマの題材は「オリンピック」とのこと。

えぇ~ なんか取り扱う題材が大河ドラマっぽくないなぁ・・・

個人的には、やっぱり戦国時代や幕末といった時代背景が好きだから、

近現代史を扱う2019年の大河ドラマはなんとなく不安ですね。

というか、わざわざ大河ドラマの枠を使う必要があるんだろうか。

翌年がオリンピックだからそれに合わせたんだろうけど、

正直、大河ドラマに近現代史を扱うのは違和感を覚えます。

時代は日本が初参加した1912年のストックホルムオリンピックから、

1964年の東京オリンピックを開催させるまでの約50年間。

東京オリンピックの開催を実現させるために奔走する

スポーツマンの姿を描いた物語になるんだとか。

今のところ、まだ主人公はどんな人物になるのか決まっていません。

当然、主人公をどの役者さんが演じるのかもまだわかりません。

大河ドラマ好きの私にとっては、今から楽しみであり不安でもありますが、

どんな大河ドラマになるか、宮藤官九郎さんの腕に期待しています。

これは新番組古館一郎の『フルタチさん』で紹介していたのですが、5万4000円の結婚式の祝儀袋があるのを皆さん知っていますが?

名前は『鳳凰』

この高いお値段の理由は、最高級品の和紙を使用していること、そして、飾りの鳳凰には、水引の最高級品と言われる京水引が使用されています。

鳳凰は、紙縒りを普通の水引の上にさらに細い糸を巻き、全て手作業で作られる伝統の京水引が用いられ、素材・色も他には無い色を使い、技術的にも他でまねできない編み方を考案し完成した最高級の祝儀袋です。

最高級の和紙で作られた袋が2500円くらい、京水引を使った飾りの部分が5万1500円となるそうです。ネットで購入する事ができるそうですが、売れるのは年間で1つか2つだそうです。

実際に購入した人は、娘さんの結婚式の時に購入し、何か形に残るようなものを伝えらいと言う気持ちで購入したそうです。ちなみに鳳凰の祝儀袋の中には100万円包んだそうです。

鳳凰を受け取った娘さんは、見たことのない祝儀袋でやさしい色だと感じたそうです。すごく嬉しかったそうです。

その後、鳳凰の袋は捨ててしまいましたが、飾りの部分は今も大切に保存していました。

最後にスタッフが意地悪な質問を「鳳凰に100万円入っているのと、普通の祝儀袋に105万4000円もらうのではどっちが良かった?」と聞いたところ、

娘さん夫婦は「鳳凰に100万円入っているほうが嬉しかった。おそらく5万4000円がプラスアルファでついていたとしたら、おそらく今残っていないと思う、でも今形として残っているので、いつまでたってもその時のお祝いの気持ちが思い出すことができるので、ご祝儀袋に5万4000円と言う価値をだしてもらったもが非常に良かった。」と思っていると話していました。

先日、沖縄旅行に行った時の話です。

沖縄には、友人がたくさん居るのですが、みんなゴルフ仲間です。

数ヶ月に一度は沖縄でゴルフしながらリフレッシュ。

そのために海の見えるホテルに泊まります。

ホテルを探す時は → 沖縄ホテル海沿いと検索します。

そして海を見ながら、お酒を飲んでリフレッシュした後は、ゴルフです。

沖縄の人は、みんなゴルフが上手です。

僕もいい勝負をするのですが、ここ一番という時に肝心のパットをはずします。

すると・・・みんなそろって「よーばーぐわぁ」と言います。

なに?

よーばーぐわぁ?

なんじゃそれ?

どうも沖縄の方言で・・・弱い奴という意味らしいのです。

もしかして・・・馬鹿にしてるのか?と思ったのですが

友人がパットをはずした時に僕も「よーばーぐわぁ」というと

みんなが「よーばーぐわぁ」と言いながら喜んでいます。

つまり人を馬鹿にしている訳じゃなく、おいおいもっと気合を入れろ!

という意味合いで使っているように思えました。

よーばーぐわぁ・・・弱い奴! ちょっと気になるキーワードでした。

みなさん!アディポネクチンって聞いたことありますか?

これは超善玉ホルモンといって、体内で分泌されるホルモンです。

実は、このアディポネクチンが健康と密接に関係しているそうです。

健康な人のアディポネクチン量は一定より多くて

糖尿病や高血圧など生活習慣病の患者さんを対象に

アディポネクチン量を計測すると極端に低いことが分かりました。

つまりアディポネクチンが多い人は、病気になりにくい!

では体の中で、どんな働きをしているのか?

まず、中性脂肪や糖質を体外に排出する役目があります。

だからダイエットには必要不可欠なホルモンなのです。

さらに、傷ついた血管を修復する働きがあります。

糖尿病や高血圧の人は、血管が動脈硬化を起こしているため

脳卒中や心筋梗塞など突然死の確率が高いと言われています。

この動脈硬化などで傷ついた血管を修復して正常に戻す働きがあります。

なるほど!

それで超善玉ホルモンと呼ばれているわけですね。

このアディポネクチンはNHKのためしてガッテンをはじめ

多くの健康番組や健康雑誌でとりあげられる注目の成分です。