皆さんは、大みそかの夜は紅白歌合戦を見ていますか?

私は、何と言われようが毎年見るのを楽しみにしています。紅白歌合戦を見て一年間が終わり、ゆく年くる年を見て寝る。

今日、今年の紅白歌合戦の司会者が決まりました!

今年も、早いもので残すところ1か月半です。アッと言う間に過ぎてしまいました。

総合司会は、ウッチャンナンチャンの内村光良さん。もちろん紅白の司会は初めてです。以前に音楽ユニット・ポケットビスケッツのメンバーとして第49回の紅白歌合戦に出場した事があります。

何故、ウッチャンが選ばれたのだろうか?理由は分かりませんが、盛り上げてほしいですね。

そして白組の司会は嵐の二宮和也君、紅組の司会は二年連続で有村架純ちゃんです。

紅白歌合戦のテーマは、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、昨年~2019年の『第70回』までの4年間は「夢を歌おう」をテーマに掲げて歌の力で応援するそうです。

まだ、どんな歌手の方が出場されるのか決定していませんが、どんな歌を聞けるのか今から楽しみです。

フジテレビもついに「めちゃイケ」の番組打ち切りを決定したそうです。

個人的には、ずっと楽しみに見ていたので残念でなりませんね。

フジテレビは、6月に社長が宮内正喜氏に交代しましたが、

この新社長が、来年春の番組改編で大なたを振るったとか。

来年の春で、「めちゃイケ」放送開始から22年目になりますが、

長い間、毎週当たり前のように見ていたので、何かとても寂しくなりますね。

でも、どうして人気お笑いコンビ・ナインティナインがメインで出演する

「めちゃイケ」が来年の春に番組打ち切り決定になったんでしょうか。

ちょっと気になったのでネットでいろいろ調べてみたところ、

どうやら、視聴率が打ち切り決定の理由のようですね。

番組が打ち切りになってしまうとは言っても、

そこそこの視聴率はあるんだろうと想像していたんですが、

私が思っていた以上の低視聴率にビックリしました。

実は、ここ最近の視聴率は、ずっと一桁台が続いていて、

今年の8月に放送された2時間スペシャルが、

まさかの4.5%という衝撃の数字を叩き出していたんです。

通常の1時間の放送でもゴールデンでこの数字は低すぎますが、

この数字は、2時間スペシャルでの数字ですからね。

これでは、いくら過去に高視聴率を連発した「めちゃイケ」でも、

番組打ち切り決定に追い込まれるのも仕方ないでしょう。

そう言えば、これまでも何度かフジテレビの番組改編の際に、

「めちゃイケ」が番組打ち切りになるんじゃないかという噂を

ネットなどでチラホラ目にすることがありました。

その度に、何とか打ち切りを免れてきたみたいですが、

今度ばかりは、どうにもならなかったようです。

岡村隆史の「オファーシリーズ」はいつも楽しみに見ていたから、

もう来年の春以降は見れなくなると思うと寂しくなりますね。

数ある「オファーシリーズ」の中でも、

特に、“オカザイル”が一番好きだったんですけどね。

あと残り半年の放送になってしまいましたが、

最後の最後まで「めちゃイケ」を楽しもうと思います。

先日の29日午前5時57分ごろ早朝に緊張が走りました。
北朝鮮の「火星12」と称される中距離弾道ミサイルが発射されました。

日本では、初めて全国瞬時警報システム(Jアラート)が使用され、「北朝鮮西岸からミサイルが東北地方の方向に発射された模様です。頑丈な建物や地下に避難して下さい。対象地域は北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、長野県です。」と、北海道、東北、北関東などの12道県の住民に避難するように緊急情報が流れました。

その後、ミサイルは約2700キロを飛び、北海道上空を通過して北海道・襟裳岬東方の太平洋上に落下した。と日本政府から発表されましたが、テレビをみたいたら急に画面が変わり、不安になった方も多かったのではないでしょうか。

この、北朝鮮から発射された中距離弾道ミサイル「火星12」とは、どんなミサイルなんでしょうか?

なにしろ北朝鮮のミサイルなので情報は少ないのですが、長さは15m位あるそうです。

先端の部分には、北朝鮮がデーターをとるための通信機材が入っていて、その下に液体燃料、またその下には液体を燃やすための酸化剤が入っているそうです。

液体燃料を入れるのには2時間ほどかかるそうで、実は内部の金属を腐食させてしまうという特徴があるので、北朝鮮としたら燃料をミサイルに注入したらなるべく早く発射したいのだとか。

また、海に落ちたミサイルの行方ですが、米軍や自衛隊などが一応探しに行くそうです。ですが、まず見つかることは無いんだそうです。

その理由は、海にぶつかるとミサイルがバラバラに破損してしまうそうです。また、北朝鮮がデーターなどの証拠を残さないために自爆させる装置が入れられているのではないかとも考えられているそうで、さらに、海流に流されてしまうので見つける事は難しいそうです。

ただ、2016年2月に東シナ海に撃たれたミサイルの一部を韓国が回収する事に成功しています。ただし、これはあくまでも北朝鮮としては人口衛星を打ち上げるロケットだと言って国際機関に事前に通告が行っていたので回収することが出来たそうですがが、ミサイルに関しては、北朝鮮側が極力情報を出さないようにしているので分からないことが多いそうです。

また、燃料には怖い薬品も使っていると聞きますが、気になるのは海に落下して魚に悪影響はないのかと言う事です。燃料は、ほとんど空中にを飛んでいるときに使用され消費されているので、落下した時点では無毒化されているのではないかと考えられているそうですが、なにしろ情報が少ないのでこれも分からないことが多いそうです。

この人は奥さんとお子さんのことなんかどうでもいいのかもしれません。

自民党参議院議員の今井絵理子議員が、神戸市議会議員・橋本健市議との

略奪不倫疑惑が週刊誌で報じられ、橋本健市議が釈明会見を行いましたが、

実は、その時の内容がかなり嘘だらけだと噂されていますね。

もし、今噂されていることが真実ならば、この人、いやこの男、

爽やかな顔して人として最低の行為をしていることになります。

確か会見では4~5年前から婚姻関係は破綻していると言っていましたが、

最近、家族で遊びに出かけている写真がSNSにアップされてます。

お子さんの年齢も2歳ということなので話が矛盾していますよね。

しかも、キャバクラ通いなどで遊び回って家に帰っておらず、

一方的に離婚を迫ってきたと言われています。

中でも、週刊誌で報じられる前日に奥さんに離婚を迫ったのは酷い!

4~5年前から婚姻関係が破綻しているという

話の辻褄を合わせようと画策したんでしょう。

あと、奥さんの実家にも離婚をしてほしいと言いに行ったとか。

そこまでして、今の奥さんと離婚して、

今井絵理子議員と一緒になりたかったんでしょうか。

これでは略奪不倫と言われても仕方がないです。

それに、ホテルのお泊りや新幹線での手つなぎなど、

国民の税金が不倫のために使われているなんて許せませんね。

略奪不倫でなはないかと言われている今井絵理子議員は、

これらの奥さんへの酷い仕打ちを知らなかったとは思いますが、

やはり大の大人がホテルの密室で2人きりになるのは問題です。

一線を越えたか超えてないかはまだはっきりしていませんが、

不倫していると疑われるような行動をしてはいけません。

今井絵理子議員!こんな男に振り回されてはいけません。

世の中には、他にもたくさん男性いるわけだから、

再婚するなら慎重にもっと良い男性を選んだ方が良いですよ。

そして、橋本健市議!あなたは猛省すべきです!

今後、離婚する方向に話が進むのかわかりませんが、

まず、奥さんにきちんと謝罪した方が良いでしょう。

こでまで、キャバクラなどで遊びまくって家に帰らなかったり、

たくさん奥さんに迷惑をかけているそうですね。

歯科医院の開業資金を奥さんの両親から援助してもらったり、

かなり助けてもらったりもしていたみたいじゃないですか。

そんなよく支えてくれた奥さんをあなたは裏切ったんです。

謝罪しても許してもらえないかもしれませんが、

まずは、たくさん迷惑や苦労をかけた奥さんに謝罪しましょう。

それが済んだら、しっかりとこれまでの行いを反省し、

心を入れ替えて市議会議員として人のために必死に働いてください。

働いて不倫のために使った税金を何倍にもして返しましょう。

第99回全国高校野球選手権大会4日目に行われた広島代表の広陵高校と

愛知代表の中京大中京高校との強豪同士の一戦でチャンテや応援歌が、

なぜかややこしすぎると話題になっていますね。

私も見ていて確かにこれはややこしいと思いました。

だって、広島代表の広陵高校が中日ドラゴンズのチャンテを使用し、

愛知代表の中京大中京高校が広島カープのチャンテを使用してましたからね。

逆に、広陵高校が広島カープのチャンテを使用し、

中京大中京高校が中日ドラゴンズのチャンテを使用するなら

ものすごくしっくりくるんですけどね。

因みに、わからない人のために説明しておくと、

チャンテとは、チャンステーマのことを言い、

得点チャンスの時に演奏される曲のことです。

高校野球の醍醐味の一つでもある応援歌ですが、

通常、高校野球で使用される応援歌には、定番となってい曲があります。

例えば、有名な定番の応援曲には、山本リンダの「狙いうち」、

ピンクレディの「サウスポー」、XJAPANの「紅」、

ルパン三世のテーマなどみなさんも耳にしたことがある曲があります。

さて、今回の広陵高校と中京大中京高校のチャンテをもう一度確認すると、

広陵高校は、中日ドラゴンズのチャンテ・ピンクレディの「サウスポー」。

一方、中京大中京高校は、広島カープのチャンテに加えて、

エルドレッドの応援歌や菊池の応援歌である広島伝説も使用していました。

広島カープに入団した堂林翔太が中京大中京高校出身ということも

ひょっとしたら関係しているのかもしれません。

何かもうどっちがどっちの応援をしているのか混乱しちゃいましたね。

でも、ある意味エール交換をしているみたいな感じもして、

ややこしいけど悪い気はしなかったですね。

スタンドで応援している人の中でも、

この面白い偶然に気づきながら応援している人もいたはずです。

今回の試合をきっかけに、両校の応援団の仲が深まったりしそうですね。

お似合いのカップルが誕生したんじゃないでしょうか。

ジャニーズの人気グループ「嵐」のメンバー櫻井翔くんが、

テレビ朝日の小川彩佳アナとの熱愛が発覚しましたね。

今まで、あまり女性の影などがなかった櫻井翔くんですが、

ついに交際する女性が現れたんですね。

お相手の小川彩佳アナは、テレビ朝日系列の報道番組「報道ステーション」

に出演しているので、知っている方も多いと思います。

そう言えば、櫻井翔くんも裏番組だけど日本テレビ系列の報道番組

「NEWS ZERO」に出演して、何か運命的なものを感じますね。

熱愛を報じた「週刊ポスト」には、小川彩佳アナ宅を訪れる

櫻井翔くんとの仲の良いツーショット写真が掲載されています。

どうやら知人の紹介で一年ほど前から交際をスタートさせたみたいで、

とても良い感じで交際を続けているとか。

櫻井翔くんの父親は元総務事務次官、小川彩佳アナの父親はお医者さんと、

お互いとても真面目なお家柄だし、同じ報道番組で活躍するなど、

いろんな面で共通する部分があるもの交際に繋がったのかもしれません。

お互いがとても尊敬し合っているというのも良いじゃないですか。

噂では、結婚する日も近いとも言われていますが、

この2人なら、なんだか応援したい気持ちになりますね。

ジャニーズ事務所も、この2人の交際なら問題ないのでしょうか。

櫻井翔くんもそろそろ良い年齢なので、

何とかジャニーさんに2人の交際を認めてもらいたいですね。

でも、同じ「嵐」のメンバーの松本潤くんには、

女性関係でいろんな噂が流れていますよね。

松本潤くんは、女優の井上真央さんとの交際が発覚しましたが、

彼女の他にセクシー女優とも交際していたとか。

結婚も秒読みと言われていただけに、

この二股疑惑は本当なら少し残念ですね。

まあ櫻井翔くんはとても真面目だから大丈夫でしょう。

きっと小川彩佳アナと順調に交際を続けて、

いつか結婚するんじゃないでしょうか。

元号が平成から新元号にもうすぐ変わるかもしれません。

政府が、天皇陛下の譲位希望を受けて、

平成31年に新元号への変更を検討しているみたいです。

いきなり飛び込んできたニュースだったんで凄く驚きました。

だって、結構急な話ですからね。

でも、なぜ平成30年という切りの良い年ではなく、

平成31年という中途半端な時に新元号に変更されるんだろう?

最初は、ニュースを知って不思議に思いましたが、

これには、理由があったんです。

それは、天皇陛下の在位期間です。

平成31年に天皇陛下の在位期間が、

ちょうど30年の節目を迎えるらしいんです。

これで、納得いきましたね。

変更日に関しては、1月1日の元日を予定しているとか。

変更日は、切りの良いタイミングなんですね。

どうやら、私たち国民の生活に大きな影響が

及ばないための配慮なんだって。

新元号の発表は、1月1日に官房長官によって行われますが、

どんな年号になるか今から楽しみですね。

前回は、のちに総理大臣も務めた小渕さんが、

「平成」と書かれた額を掲げて発表されました。

かなり懐かしいけど、今でも鮮明に覚えています。

今から2年後かぁ・・・

たぶん、2年ぐらいあっという間でしょうね。

さて、今回天皇陛下が譲位することが決定しましたが、

今回が特例で、今の天皇陛下の一代限りだそうです。

次からは、どれだけ体がキツくても

亡くなるまで続けないといけないんですね。

近々、特例法の法整備が行われるみたいで、

皇室典範も多少は変更しなければならないとか。

たった一度のためにホント大変ですよね。

でも、今回の譲位の問題よりもさらなる問題が待っています。

そうです。女系天皇の問題です。

今の皇太子様の次の天皇陛下をどうするのか。

これまで、女性天皇は何人か存在していますが、

母方だけが天皇の血を引く女系天皇は一人もいません。

つまり、男系天皇が途絶えて女系天皇になれば、

別の家系の天皇が生まれることになり、

事実上、天皇家の血筋が途絶える形になるとか。

もし、このまま女系天皇を認めなければ、

皇室の存続が危うくなるかもしれませんね。

最近、テレビや雑誌、新聞、ネットなどでも目につくようになったアクティブシニア。
「アクティブシニア向けのマンション」
「アクティブシニア向けの旅行」
などの広告を良く見かけるようになりました。このアクティブシニアと言う言葉、一体どのような意味で使われているのでしょうか。

アクティブシニアとは、主に団塊の世代の65歳から75歳までの人のことで、定年した後も、趣味や仕事などさまざまな活動を意欲的に行っている、元気なシニア層の方々のことを指して使っているそうです。

団塊世代の人は、流行に敏感で、自分なりのライフスタイルにもこだわりをもっている人が多いそうです。

その為、定年を迎え会社を退職しても、第二の人生を自分なりの価値観をもって生活しようとしているそうです。たとえば、、旅行、山登り、音楽、ファッションなど、生活スタイルのこだわり方は多彩なんだそうです。

そこで、旅行業をはじめ、さまざまな企業が、商品を販売するにあたり、「高齢者向け」とか「シニア向け」と言う従来使われていた言葉を使うよりも、活発なイメージがあるアクティブシニアという言葉を使った方が商品が売れやすくなるのだとか。。。

近年は、そのアクティブシニアを対象にした旅行プランや住宅設計などが増えているそうです。

そして、それに伴ってもう一つの造語が誕生したそうです。それが「バリアアリー」。
これまでは、高齢者の生活には、生活に支障となる段差をなくすバリアフリーを求める人が多かったのですよね。

しかし、活動的なアクティブシニアが求めているのは、意図的に段差や階段などの障害が設けるバリアアリーなんだそうです。
日常であえて障害を設ける事で注意力を高め体力をアップすることを求めているそうです。生涯現役!これを目標にしているんですね。素晴らしい事ですよね。

今年話題になった言葉を選ぶ「2016ユーキャン新語・流行語大賞」の

大賞候補としてノミネートされた30語が発表されましたね。

今日本だけでなく世界中で話題になっているピコ太郎のPPAPをはじめ、

ポケモンGO、SMAP解散、ゲス不倫、神ってる、タカマツペア、

都民ファースト、文春砲、君の名は。、斉藤さんだぞ、パナマ文書など、

今年は様々なジャンルからバランスよく30語が選ばれたような気がします。

ノミネートされるだけならどんな言葉が選ばれても問題ないけど、

いざ大賞を選ぶとなると、どれでも良いとというわけにはいかなそう。

だって、基本的には、大賞に選ばれたら受け取りに来ないといけません。

主催者側のユーキャンも多くのマスコミが集まってくるわけだから、

受け取りに来ないであろう言葉を選ぶというわけにはいかないでしょう。

そういう理由もあり、審査する人も授賞式に受け取りに来てくれる

可能性が高い言葉を選ぶ傾向にあるのではないでしょうか。

そのように考えると、ゲス不倫はいくら話題になったからと言って、

大賞に選ばれることはまずありえないと思います。

ベッキーさんも川谷絵音さんも選ばれても絶対に来ませんからね。

だから、センテンススプリングなどもないでしょう。

でも、文春砲は週刊文春さんが受け取りに来るかもしれませんね。

ならば、逆にどの言葉なら受け取りに来るんだろうか。

PPAPはピコ太郎、ポケモンGOは任天堂社員、神ってるは鈴木誠也選手、

タカマツペアは高橋・松友の両選手、都民ファーストは小池知事、

この辺りは、大賞に選ばれたら来てくれそうですね。

私の予想ですが、おそらく今挙げた5つの中から

年間大賞が選ばれるんじゃないかと思っています。

今年のトップテンと年間大賞の発表は12月1日に発表されるようなので、

今からどの言葉が大賞に選ばれるか本当に楽しみですね。

今年のNHK大河ドラマ「真田丸」は評判が良く本当に面白いよね。

最近は、視聴率が伸びずに低迷している大河ドラマだけど、

久しぶりに早く次回が待ち遠しいと思える内容に仕上がっていると思います。

今日も早く次の日曜日が来ないかとワクワクしながら待っていたところ、

なんと、2019年の大河ドラマの情報が飛び込んできたんです。

来年2017年は柴咲コウさん主演の「おんな城主 直虎」、

再来年2018年は鈴木亮平主演の「西郷(せご)どん」はすでに決定済み。

そして、2019年は一体どんな時代背景になるんだろう?

基本的に、大河ドラマは戦国時代や幕末といった日本史に登場する

歴史上の人物を題材にして作成されています。

ただ、どうやら2019年の大河ドラマは違うようですね。

しかも、脚本を担当するのが、あの宮藤官九郎さんなんだって。

“クドカン”の愛称で人気の宮藤官九郎さんと言えば、

NHKの連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を担当したことで有名ですね。

これまで様々な人気ドラマの脚本を手掛けてきた宮藤官九郎さんですが、

彼が2019年に担当する大河ドラマの題材は「オリンピック」とのこと。

えぇ~ なんか取り扱う題材が大河ドラマっぽくないなぁ・・・

個人的には、やっぱり戦国時代や幕末といった時代背景が好きだから、

近現代史を扱う2019年の大河ドラマはなんとなく不安ですね。

というか、わざわざ大河ドラマの枠を使う必要があるんだろうか。

翌年がオリンピックだからそれに合わせたんだろうけど、

正直、大河ドラマに近現代史を扱うのは違和感を覚えます。

時代は日本が初参加した1912年のストックホルムオリンピックから、

1964年の東京オリンピックを開催させるまでの約50年間。

東京オリンピックの開催を実現させるために奔走する

スポーツマンの姿を描いた物語になるんだとか。

今のところ、まだ主人公はどんな人物になるのか決まっていません。

当然、主人公をどの役者さんが演じるのかもまだわかりません。

大河ドラマ好きの私にとっては、今から楽しみであり不安でもありますが、

どんな大河ドラマになるか、宮藤官九郎さんの腕に期待しています。