コンテンツへスキップ

天皇陛下の譲位希望を受けて平成31年に新元号へ変更か?

元号が平成から新元号にもうすぐ変わるかもしれません。

政府が、天皇陛下の譲位希望を受けて、

平成31年に新元号への変更を検討しているみたいです。

いきなり飛び込んできたニュースだったんで凄く驚きました。

だって、結構急な話ですからね。

でも、なぜ平成30年という切りの良い年ではなく、

平成31年という中途半端な時に新元号に変更されるんだろう?

最初は、ニュースを知って不思議に思いましたが、

これには、理由があったんです。

それは、天皇陛下の在位期間です。

平成31年に天皇陛下の在位期間が、

ちょうど30年の節目を迎えるらしいんです。

これで、納得いきましたね。

変更日に関しては、1月1日の元日を予定しているとか。

変更日は、切りの良いタイミングなんですね。

どうやら、私たち国民の生活に大きな影響が

及ばないための配慮なんだって。

新元号の発表は、1月1日に官房長官によって行われますが、

どんな年号になるか今から楽しみですね。

前回は、のちに総理大臣も務めた小渕さんが、

「平成」と書かれた額を掲げて発表されました。

かなり懐かしいけど、今でも鮮明に覚えています。

今から2年後かぁ・・・

たぶん、2年ぐらいあっという間でしょうね。

さて、今回天皇陛下が譲位することが決定しましたが、

今回が特例で、今の天皇陛下の一代限りだそうです。

次からは、どれだけ体がキツくても

亡くなるまで続けないといけないんですね。

近々、特例法の法整備が行われるみたいで、

皇室典範も多少は変更しなければならないとか。

たった一度のためにホント大変ですよね。

でも、今回の譲位の問題よりもさらなる問題が待っています。

そうです。女系天皇の問題です。

今の皇太子様の次の天皇陛下をどうするのか。

これまで、女性天皇は何人か存在していますが、

母方だけが天皇の血を引く女系天皇は一人もいません。

つまり、男系天皇が途絶えて女系天皇になれば、

別の家系の天皇が生まれることになり、

事実上、天皇家の血筋が途絶える形になるとか。

もし、このまま女系天皇を認めなければ、

皇室の存続が危うくなるかもしれませんね。