最高級の祝儀袋『鳳凰』

これは新番組古館一郎の『フルタチさん』で紹介していたのですが、5万4000円の結婚式の祝儀袋があるのを皆さん知っていますが?

名前は『鳳凰』

この高いお値段の理由は、最高級品の和紙を使用していること、そして、飾りの鳳凰には、水引の最高級品と言われる京水引が使用されています。

鳳凰は、紙縒りを普通の水引の上にさらに細い糸を巻き、全て手作業で作られる伝統の京水引が用いられ、素材・色も他には無い色を使い、技術的にも他でまねできない編み方を考案し完成した最高級の祝儀袋です。

最高級の和紙で作られた袋が2500円くらい、京水引を使った飾りの部分が5万1500円となるそうです。ネットで購入する事ができるそうですが、売れるのは年間で1つか2つだそうです。

実際に購入した人は、娘さんの結婚式の時に購入し、何か形に残るようなものを伝えらいと言う気持ちで購入したそうです。ちなみに鳳凰の祝儀袋の中には100万円包んだそうです。

鳳凰を受け取った娘さんは、見たことのない祝儀袋でやさしい色だと感じたそうです。すごく嬉しかったそうです。

その後、鳳凰の袋は捨ててしまいましたが、飾りの部分は今も大切に保存していました。

最後にスタッフが意地悪な質問を「鳳凰に100万円入っているのと、普通の祝儀袋に105万4000円もらうのではどっちが良かった?」と聞いたところ、

娘さん夫婦は「鳳凰に100万円入っているほうが嬉しかった。おそらく5万4000円がプラスアルファでついていたとしたら、おそらく今残っていないと思う、でも今形として残っているので、いつまでたってもその時のお祝いの気持ちが思い出すことができるので、ご祝儀袋に5万4000円と言う価値をだしてもらったもが非常に良かった。」と思っていると話していました。