トマトに含まれている栄養

ここ数年でトマトが注目されるようになりました。

トマトは色や大きさなど様々な種類がありますが、その栄養素には大きな違いはありません。

もうすでに多くの人が知っているリコピンやビタミンA・B6・C・E、そしてカリウム、ルチンなどの含有量が多い抗酸化力の高い野菜です。

「トマトが赤くなると医者が青くなる」ということわざがありますが、血圧の上昇を抑えるカリウムとルチン、抗酸化力のあるリコピンが多く含まれているのがその理由と言えるでしょう。

特に、抗酸化力の高いリコピンの含有量は、色の濃い赤いタイプのトマトのほうが多いそうですから、彩りが目的ではなくトカラダの為にも赤いトマトがおすすめですね。

■リコピンを摂るならトマトジュースがおすすめ!

トマトに食塩を加えてつくったもの、無塩のもの、他の野菜や果物を加えたものなどでたくさんのジュースが作られています。

また、最近ではスーパーの売り場でもトマトは生食用、加工用などと表示して何種類ものトマトが並んでいますね。

ジュース用とものは収量、栽培難易、耐病性等の栽培特性および果実の化学成分から判断してトマトジュース加工適性品種用とされています。

ですから、自分で買ってきたトマトでジュースを作っても栄養素に違いはなくさらに美味しいものが飲める可能性があります。

高血圧の予防のみならず、治療目的のトマトジュースの飲用もあるので食べて美味しいトマトでジュースを作って健康と、抗酸化作用による美を手に入れるものいいと思います。

しかも低エネルギーであることから、たくさん摂取しても安心です。

カリウムによるナトリウム排出効果とそれによるデトックスで肥満解消にもなり、高脂血症の予防にもなります。

2012年2月10日には京都大学チームによる研究で中性脂肪を下げ、血糖値を改善する効果が実証されたとTVで紹介されますますトマトやトマトジュースに注目が集まってきています。

■トマト酢の効果も見逃せません!

トマト酢はトマトを用いて作ったお酢です。トマト酢の酢酸が血流をよくするので高血圧を予防するだけでなく、血圧を下げる働きがあることもわかってきています。

そして主成分の酢酸の効果はもちろんですが、トマトに含まれるリコピンがもつ抗酸化作用とβ-カロテンやビタミンCのはたらきで血管の状態がよくなり、

柔軟性を持つようになります。結果として血管が拡張されるので血圧が低下し、血の循環が改善されます。それによって安眠効果も得られます。

グルタミン酸、カリウム等のミネラル、GABAも多く含まれています。グルタミン酸は脳の機能を回復させ坑ストレス作用と尿の排泄を促す働きがあります。

またカリウムとともに塩分やアンモニアなどを体外に排出するデトックス効果や塩分の排出による血圧降下作用があり高血圧の予防や治療に効果的です。

GABAはアスパラギン酸などのアミノ酸の含有量が多いのが特徴で、この成分によってストレスが緩和され、リラックス効果が高まりこちらの面からも睡眠の際には深い睡眠が可能になるといわれています。

睡眠不足から高血圧も引き起こされるので、十分な睡眠が得られるようになると血圧の安定も望めます。

最近ではダイエット効果などもいわれていて、女性を中心に人気が高まっています。

ダイエット目的で効率的に用いるには、食事の前に飲むことが特に良いですね。

自宅でも気軽に作れるのでMYトマト酢をお持ちの方も少なくありません。

作り方は非常に簡単ですので、香辛料などを違えながら

オリジナルのトマト酢を楽しまれるのもいいですね。