大谷翔平の契約金が安いと噂に!エンゼルスは本当にお買い得なのか?

ようやくメジャーリーガーとしての一歩を踏み出した大谷翔平。

エンゼルスと言えば、あの松井秀喜や長谷川滋利らが在籍したチームで

比較的日本の野球ファンにも馴染みがあるかもしれませんね。

さて、今回ポスティングシステムでの移籍となったわけだけど、

エンゼルスに移籍する大谷翔平の契約金は231万5000ドル、

日本円で約2億6200万円に決定しました。

巷ではこの大谷翔平の契約金が安いと噂になっています。

確かに彼のこれまでの活躍や実力、伸びしろなどを考えれば、

もっと高い契約金でも良いような気もします。

ダルビッシュ有の60億円、田中将大の161億という

とんでもない契約金と比較したらかなり格安です。

何か過去の日本人選手の契約金が莫大な金額すぎて、

感覚が麻痺していた感じもあったとは思いますが、

それでも、やっぱり大谷翔平の契約金約2億6200万円は安い!

一方で、大谷翔平の契約金が妥当という意見もあります。

大谷翔平は、まだ彼らほどの実績は残していませんからね。

ただ、おそらく怪我もなく普通に力を発揮することができれば、

間違いなく1年目から10勝は堅いと思いますし、

打者としてもそこそこ活躍するでしょう。

でも、なぜこんなに契約金が安いんでしょうか。

実は、昨年メジャリーグでは、海外選手獲得の際の契約金制限の

適用年齢が23歳未満から25歳未満に変わったことが影響しています。

この変更でエンゼルスが支払いできる契約金の上限額が、

今回の約2億6200万円だったというわけです。

まずはマイナー契約から始まり、その後メジャーに昇格しますが、

年俸に関しても、最低保証年俸額の54万5000ドルとなるため、

日本円でわずか約6160万円からのスタートになるようです。

たぶん、大谷翔平は、お金よりも自分が試合に出れる環境が揃った

チームを第一に考えて選択したんだと思われます。

それほど、メジャーリーグへの憧れが強かったということでしょう。

それにしても、エンゼルスは本当に良い買い物をしましたね。

だって、大谷翔平の場合は、二刀流という話題性もありますし、

集客数やグッズ売り上げのアップなども見込めるからです。

そのようなメリットも考えれば、今回のエンゼルスの大谷翔平獲得は、

かなりのお買い得だったと言えるんじゃないでしょうか。