コードブルー映画化決定と最終回で発表 2018年公開予定らしい

毎週楽しみだった「コードブルー」サードシーズンもついに放送終了。

でも、嬉しいことに、来年2018年に映画化されることが、

最終回の放送終了直後に発表されましたね。

「コードブルー」ロスになりかけていましたが、

映画が公開されるまで楽しみが増えてワクワクしています。

SNSでも、「コードブルー」映画化でファンから

たくさんの歓喜の声が上がっていました。

それだけ、今回のサードシーズンが面白かった証拠だと思います。

藍沢耕作、白石恵、緋山美帆子、藤川一男、冴島はるか

といったお馴染みのメンバーのさらなる飛躍、信頼関係、

友情、愛情に心を打たれ、胸が熱くなりました。

そして、新人フェローの名取颯馬、横峯あかり、灰谷俊平、

雪村双葉らの失敗しながらも少しずつ成長していく奮闘ぶりも、

毎回どうなっていくか楽しみに見ていました。

視聴率も最終回は16.4%と全10話中最高を記録しています。

サードシーズンは過去のシリーズと比べても、

とにかく、ストーリーの展開が早すぎてついて行くのに必死でした。

それに、次々といろんなトラブルが起きるため、

見ているこちらまで、いつもハラハラドキドキさせられましたからね。

特に、最終回の地下鉄開通前の線路内での崩落事故現場は、

藍沢先生や藤川先生らが二次災害に巻き込まれるトラブルが起き、

最後の最後までどうなるか目が離せない展開になりました。

そんな「コードブルー」が来週から見れなくなると思うと、

何だかとても寂しい気持ちになっちゃいますね。

でも、来年2018年に「コードブルー」の映画化が決定したので、

寂しい気持ちも一気にどこかへ吹っ飛んじゃいました。

来年、また彼らのパワーアップした姿が見られるんですね。

映画が公開されたら、必ずすぐに見に行きたいと思っています。

来年の映画公開が今から待ち遠しいですね。

★おすすめ情報 ⇒ 京都市の乳がん検診の費用とおすすめ病院